芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » IQ246最終回7.8%!平均視聴率は10.5%!続編や映画化は?

IQ246最終回7.8%!平均視聴率は10.5%!続編や映画化は?


豪邸

2016年10月スタートのTBSドラマ「日曜劇場 IQ246~華麗なる事件簿~」の最終回平均視聴率が7.8%だったことが判明しました。

織田裕二さんの久しぶりの連ドラ主演であること、ディーン・フジオカさん、土屋太鳳さん、中谷美紀さんといった豪華役者が脇を固めること、人気ドラマが出やすい日曜劇場であることが注目され、放送前から話題に。

そして、放送されてからも、織田裕二さんの独特のしゃべり方やディーン・フジオカさんのアクションが注目されて13.1%好スタートを見せましたが、思うような結果は残せませんでした。

最終回で視聴率を下げたのは、日本テレビで「FIFAクラブワールドカップ・レアルマドリード 対 鹿島アントラーズ」を放送していたからであり、こちらは26.8%の好記録です。

まさか鹿島アントラーズが決勝まで進むとは思っておらず、織田裕二さんにとっては不運としか言いようがありません。

ちなみに、第9話も9.3%と1ケタ台の視聴率となっていますが、これもテレビ朝日系列「フィギュアスケート グランプリファイナル2016」に視聴率を奪われたためです。



IQ246の脚本が酷い

IQ246がスタートした時は、織田裕二さんのしゃべり方が気になると話題になっていましたが、次第にその癖も弱くなって違和感がなくなりました。

それよりも問題は脚本です。

IQ246はオリジナルストーリーなので、短時間に緻密な脚本はできないのかもしれませんが、それにしても酷過ぎます。

最終回だけでも、機動隊が賢正(ディーン・フジオカ)一人を捕らえられない、心臓を撃ち抜かれた和藤奏子(土屋太鳳)が一命を取り留める、御前様という謎の人物が9話から出演し続ける、悪いことをすると犬並みの知能指数にしてしまう首輪をマリア・T(中谷美紀)に付けるなど意味不明です。

また、最終回は特に酷く、法門寺沙羅駆とマリア・Tの勝負が早めに付き、番組最後の10分くらい、和藤奏子の復帰パーティーが開かれる有様。

ネット上では、「見て損した」という意見もあるほどです。

そして、毎回毎回、トリックも稚拙でした。

視聴率が振るわなかったのは、脚本が悪いことが一番の要因です。



IQ246の続編や映画化の可能性

IQ246の全話通しての平均視聴率は10.5%でした。

脚本はかなり問題ですが、これさえ何とかなれば楽しめる内容だったと思います。

そこで期待されるのはIQ246の続編や映画化ですが、脚本がどうにかなっても問題となるのが第5話の成宮寛貴さんです。

成宮寛貴さんは芸能界を引退したので、続編や映画化となっても再放送しての宣伝は困難でしょう。

したがって、難しそうです。

全10話観た私個人の意見としては、それでも、IQ246の続編や映画を観たいと思っています。


関連記事

2017年2月10日の日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」は「銭形警部」です...


織田裕二さん主演のTBSドラマ「日曜劇場 IQ246~華麗なる事件簿~」の初回...


「日曜劇場 IQ246~華麗なる事件簿~」の第2話平均視聴率は12.4%でした...


2016年10月スタートのテレビ朝日系列「家政夫のミタゾノ」が面白い。主演であ...


木村拓哉さんのSMAP解散後初主演ドラマのタイトルが「A LIFE~愛しき人~...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です