芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » Gたかし、カイジ藤原竜也のものまね・紙芝居がおもしろい

Gたかし、カイジ藤原竜也のものまね・紙芝居がおもしろい


Gたかしさんは、俳優の藤原竜也さんのものまねでブレイクしたお笑い芸人です。

名前や顔は知らなくても、お笑い番組などで藤原竜也さんのものまねをしている人を観たことがあるならば、それはGたかしさんで間違いありません。

テレビ出演の機会は少ないですが、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」や、「エンタの神様」などに出演します。

一番評判なのは、藤原竜也さんですが、その他にもアントニオ猪木さん、藤岡弘さん、ボビー・オロゴンさん、中居正広さん、福山雅治さんなど30人以上のレパートリーがあり、実力派のモノマネ芸人です。

そして、自身で作画した名作アニメのパロディー紙芝居とものまねを組み合わせた斬新なネタも好評です。

そんなお笑いセンスあふれるGたかしさんの素顔に迫ります。



Gたかしってどんな人?

Gたかしさんのプロフィールは、次のとおりです。

【芸名】 Gたかし(ジーたかし) ※本名:直井崇(なおいたかし)

【生年月日】 1978年9月30日

【出身地】 茨城県筑西市

【血液型】 O型

【身長】 171cm

【趣味】 漫画、ゲーム、格闘技、バイク

【高校】 ※非公表

【最終学歴】 和光大学芸術学科中退

【事務所】 サンミュージックプロダクション

Gたかしさんは、大学中退後、歌舞伎町でボーイの仕事をしている時に、近所に住んでいた元芸人に勧められて浅井企画のお笑い養成所に入ったという珍しい経歴の持ち主です。

芸名を何度か変更されていますが、以前は「グラップラーたかし」だったので、「Gたかし」の「G」はグラップラーのGでしょう。

漫画と格闘技が好きとのことなので、人気格闘漫画「グラップラー刃牙」から取ったと推測できます。

芸風としてはものまねを得意としており、人気アニメのキャストを芸能人に変えたパロディー紙芝居も面白いです。

例えば、次のようにキャストを変更しています。

タッチ
上杉達也・和也をアントニオ猪木、朝倉南をボビーオロゴン
スラムダンク(SLAM DUNK)
三井寿をアントニオ猪木、宮城リョータを高田延彦、安西先生を中尾彬
ワンピース(ONE PIECE)
ルフィをアントニオ猪木、赤髪のシャンクスを藤岡弘、

「ものまねショーレストランそっくり館キサラ」に出演する実力者であり、さらに周知されているアニメを組み合わせているので爆笑必至です。

それも、学生時代に第99回スピリッツ賞努力賞を受賞しているからこそできる芸風であり、十分にその才能を生かしています。



Gたかし、藤原竜也と行列で共演

2016年3月20日放送の日本テレビ系列「行列のできる法律相談所」に藤原竜也さんが出演した際、Gたかしさんが本人の前でものまねを披露しました。

藤原竜也さんと言えば、「デスノート」や「藁の楯」「るろうに剣心」などさまざま映画やドラマに出演する演技派俳優ですが、Gたかしさんがものまねしたのはカイジです。

登場したGたかしさんに対して、藤原竜也さんは「バカにはしてない?」と聞くと、Gたかしさんは「はい」と即答。

その後もものまねをし続けるGたかしさんを無言で睨みつける藤原竜也さん。

カイジに中に登場するセリフを引用した「床がキンキンに冷えてやがるよ!」を繰り返し、司会のフット後藤さんもそのセリフを言わそうとさらに振っていました。

藤原竜也さんは切れ気味で「素晴らしかったです」と感想を述べますが、それでもGたかしさんはものまねし続ける有様。

そして、「本人の公認を貰いたい」と言い出し、「頂けなかった場合、ものまねを封印」と宣言すると、藤原竜也さんは「黙認で!」と譲歩してものまねを認めました。

最後は、握手して終了しています。


関連記事

2017年8月26日、27日の日本テレビ系列『24時間テレビ』で、ヒロミさんが...


大島育宙さんの名前は、「やすおき」と読みます。珍しい名前ですが、東大法科大学院...


NOモーション。は、コスプレしてのものまねで人気沸騰中のお笑いコンビです。特に...


日本で一番ツイッターフォロワー数が多いタレントである有吉弘行さん。2016年9...


千原ジュニアさんは、踊りも運動も苦手で、過去にはバイク事故で生死をさまよいまし...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です