芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 田名部生来が初優勝、第7回AKBじゃんけん大会2016

田名部生来が初優勝、第7回AKBじゃんけん大会2016


AKB48グループの恒例行事のひとつである「第7回AKBじゃんけん大会」が2016年10月10日に神戸ワールド記念ホールで行われ、3期生の田名部生来さんが初優勝しました。

男性用スーツの袖をまくり上げ、頭にハチマキをして、さらに頭に「冷やし中華始めました」ののぼりを付けたコスプレ姿で挑んだ田名部生来さんは、優勝して「どっきりですか?」と大号泣です。

田名部生来
「やりましたー!」
「報われないことだらけで・・・本当にここまでちゃんとAKBをやってきてよかったです」

同じ3期生の渡辺麻友さんと柏木由紀さんからも祝福のコメントが寄せられています。

渡辺麻友
「10年頑張ってきて、ようやくたなみんがスポットライトを浴びる日が来てよかったです。自分のこと以上にうれしい」

柏木由紀
「たなみん(田名部)がシードを引いた時点で、たなみんが優勝すると言っていたので、本当にうれしい」

運ですが、田名部生来さんは少ないチャンスを見事に生かしました。



田名部生来ってどんな人?

田名部生来という名前を聞いてもファン以外の人は全くわからないと思うので、プロフィールを紹介したいと思います。

【芸名】 田名部生来(たなべみく)

【愛称】 たなみん

【生年月日】 1992年12月2日

【出身地】 滋賀県近江八幡市

【血液型】 O型

【身長】 164cm

【事務所】 AKS

2006年12月3日の「第3期AKB48追加メンバーオーディション」に合格してAKBに加入し、アイドル活動やバラエティー、舞台で活躍しています。

将来の夢はアクション女優だそうです。



第7回AKBじゃんけん大会のルールと結果発表

今までの優勝特典は、シングルのセンターやソロデビューでしたが、第7回AKBじゃんけん大会は7人組のユニットメンバーとそのセンターが特典でした。

98人が7つのブロックに分かれ、各ブロックの勝者がユニットメンバーに決定。

そして、その7人の内、最後まで勝ち残った一人がセンターです。

その結果は次のとおりでした。

  1. 田名部生来(AKB48)
  2. 湯本亜美(AKB)
  3. 込山榛香(AKB)
  4. 渋谷凪咲(NMB兼AKB)
  5. 福岡聖菜(AKB)
  6. 竹内彩姫(SKE)
  7. 野澤玲奈(AKB)

さらに、8位から14位(順位未確定)までがカップリングを歌います。

  • 高橋朱里(AKB)
  • 川本紗矢(AKB)
  • 小嶋真子(AKB)
  • 小笠原茉由(AKB)
  • 田中優香(HKT)
  • 市川愛美(AKB)
  • 鈴木まりや(AKB)

AKBグループは人数が多いので、じゃんけんで決めると、このように知名度の低い人が集まることもあります。

AKBがじゃんけん大会しているのは、「注目を浴びるため」と「新曲を売るため」という2つの目的がありますが、この14人以外のファンがCDを買ったりダウンロードするかどうかが成否を左右しそうです。

そう遠くない日に結果はわかるでしょう。


関連記事

プロコスプレイヤーのえなこさんがナカイの窓に出演し、収入を激白しました。プロを...


スマップが2016年12月31日をもって解散することが発表されました。その原因...


2016年10月19日、深夜に放送されている「乃木坂46のオールナイトニッポン...


ジャニーズ事務所所属のアイドルグループV6・長野博さんが、2016年11月29...


才木玲佳さんは、アイドルでありながらプロレスラーでもある異色の存在です。女性も...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です