芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 宇多田ヒカル、全世界iTunesアルバム6位!EXILE連続1位ストップ

宇多田ヒカル、全世界iTunesアルバム6位!EXILE連続1位ストップ


CD

2016年9月27日にEXILEが「EXTREME BEST」というベストアルバムを発売し、翌日28日に宇多田ヒカルさんが「Fantome」というオリジナルアルバムを発売しました。

ほぼ同時に発売されたことで、宇多田ヒカルVSエグザイルの直接対決となった訳ですが、結果は宇多田ヒカルさんの圧勝で、2016年9月26日~10月2日までの全国推定売上枚数は次の通りになっています。

  1. Fantome 宇多田ヒカル 243,571枚
  2. EXTREME BEST EXILE 170,597枚

しかも、宇多田ヒカルさんのアルバムは無特典で発売したにもかかわらず、特典を付けたEXILEのアルバムに完勝しています。

宇多田ヒカル、旦那がヒモで離婚危機!と報じられたリ、アルバムの写真を見て「長期休暇中に劣化した」と揶揄されたりしていましたが、2016年9月19日放送のテレビ朝日系列「30周年記念特別番組 MUSIC STATION ウルトラFES 2016」では、久しぶりに歌っているとは思えない歌唱力で絶賛されていました。

歌だけで勝負し、その評価通りの結果となった訳です。

これによって、2003年から続くEXILEのアルバム連続1位の記録がストップする模様。

さらに凄いことに、宇多田ヒカルさんの「Fantome」は世界でも売れています。



宇多田ヒカル「Fantome」世界的大ヒット

宇多田ヒカルさんの「Fantome」の売上ランキングは、次の結果となりました。

  • Billboard JAPAN 日本1位
  • iTunesアルバム総合ランキング 全米3位
  • 全世界のiTunesアルバム総合ランキング 世界6位
  • 香港、台湾、シンガポール 1位
  • ヨーロッパ各国 上位

長い間休んでいて、久しぶりにアルバムを発売したら世界で売れるという不思議な状態になっています。

10代、20代の時よりも確実に売れていますね。

宇多田ヒカルさん自身もこの結果にビックリしており、ツイッターで次のようにコメントしてます。

日本人の音楽が、アメリカや世界で上位ランクインするのは、本当に快挙です。



宇多田ヒカル、特典商法に真っ向勝負!

作詞・作曲・歌唱印税は、売り上げに対するパーセントで決まるため、音楽業界では、売値が安いダウンロードより、値段の高いCDを売って利益を上げたいという思惑があります。

しかし、ダウンロードの仕組みが浸透し、CDが売れなくなりました。

そこで、CDに特典を付けることによって、ダウンロードではなくCDを購入させ、しかも同じCDを何枚も購入させようという悪い流れになっています。

EXILE「EXTREME BEST」の特典は、CDジャケットと収録曲が違うCD3枚組にDVDやBlu-rayが付いたセット購入で、「EXILEロゴ入りの非売品パスケース」と「メンバー19人の集合写真のICカードステッカー」、「A3クリアポスター」がもらえます。

EXILEは、過去にも、ライブチケット付きCDなど同時に17種類を販売したことがありました。

AKB48も、握手券や投票券を付けて、同じCDを何枚も売りつけています。

CDを売るために特典を付けることが常識となっており、他のミュージシャンもこの特典商法を採用しているのが現状です。

したがって、セールスランキングは意味がありません。

宇多田ヒカルさんは、この特典商法に真っ向勝負し、音楽だけで見事に勝ったわけです。

特典商法は悪徳商法のひとつと認識され、多くの人に批判されている商売なだけに、他のミュージシャンも見習ってほしいものです。


関連記事

歌手の安藤裕子さんは、乃木坂46に楽曲提供した縁で、2016年12月16日放送...


2017年7月21日、フジテレビ系列『LOVE LOVE あいしてる』が16年...


ピコ太郎(古坂大魔王)さんのPPAPが、有名アーティストを抑えて、YouTub...


「ゲスの極み乙女。」は、ボーカル川谷絵音さんの不祥事により、しばらく休業するこ...


神部冬馬さんは、名曲「なごり雪」を歌ったイルカさんの息子です。母親の背中を追っ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です