芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » ワールドカップ予選、アウエーのオーストラリア戦は痛恨のドロー

ワールドカップ予選、アウエーのオーストラリア戦は痛恨のドロー


ワールドカップ予選 オーストラリア戦

2016年10月11日のロシアW杯アジア最終予選は、アウエーで首位を走るオーストラリアとの対戦でした。

相手は、昨年のアジアカップのチャンピオンであり、簡単に勝てる相手ではありませんが、日本は初戦で負けており、また、現時点の順位でもオーストラリアに上に行かれているので、アウエーといえども勝たなければならない試合です。

過去の対戦成績は8勝8分7敗の互角ですが、ワールドカップ予選では4分2敗と勝ったことがなく、最新のFIFAランキングでも日本56位に対し、オーストラリアは45位と、すべての結果が悪くて嫌な予感しかしませんでした。

しかし、試合が始まってすぐの5分に、FW原口元気選手が中盤で相手のパスをカットすると、MF長谷部誠選手が縦パスを出し、そのボールを受けたMF本田圭佑選手が一瞬溜めてスルーパスを出して、FW原口元気選手が冷静にゴールキーパーの動きを読んでゴールに流し込み先制です。

FW原口元気選手は3戦連続のゴールと絶好調。

この後、試合は膠着しますが、後半開始早々に攻められ、日本のペナルティーエリアでボールを受けたオーストラリア選手をFW原口元気選手が後ろから体当たりしてPKを取られます。

そして、51分にPKを決められ同点です。

これで日本の流れが悪くなり、攻められる機会が多くなりますが、何とかドローで試合終了しています。

過去の結果が示すとおり、やっぱりオーストラリアに勝てませんでした。



FW原口元気の独り相撲

良くも悪くもFW原口元気選手が活躍した結果となりました。

得点したところは良かったのですが、判定に不服で審判に意見して注意を受ける場面もあったので、PKを与えるようなプレーをしてもおかしくなかったですね。

PKを取られた場面も、完全に遅れた状態で後ろから体当たりしているので仕方ありません。

もちろん、ピンチの場面を作ったのは日本代表全員の責任ですが、PKを与えるようなプレイをすべきではなかったと思います。

FW原口元気選手にはもう少し冷静にプレイして欲しいものです。

一応、試合後に、「本当に申し訳ないなと思います」と反省の言葉を述べているので、今後のプレイで確認しましょう。



弱くなったサッカー日本代表

オーストラリア戦は、FW岡崎慎司選手がケガをしたことで、MF本田圭佑選手のワントップとなり、さらに、MF香川真司選手も先発スタートでした。

MF本田圭佑選手は、前半の途中まではいいのですが、いつも前半途中で目立たなくなるため、年齢的にスタミナが続かないのかもしれませんね。

MF香川真司選手は、いるのかわからないくらいの存在感です。

両選手ともクラブチームで必要とされていないような状況で、こういった選手を使い続けなければならないことも日本を弱体化させている原因でしょう。

逆に言えば、他の選手を使えないハリルホジッチ監督の手腕に疑問を感じます。

見ていても、ジーコジャパンや岡田ジャパン、ザックジャパンの時のような強さが全く伝わらず、寂しいですね。

オーストラリアに勝っていればかなり有利になりましたが、引き分けたことでまだまだ危ないです。

次の2016年11月15日のサウジアラビア戦はホームなので、絶対に勝たなければなりません。


関連記事

ロシアW杯アジア最終予選、アウエーのタイ戦で2対0の初白星。新しく先発起用され...


2018 FIFA World Cup Russia アジア最終予選の結果と順...


ロシアW杯アジア最終予選、ホームのイラク戦は2対1で勝利。後半ロスタイムにMF...


浦和レッズ、名古屋グランパスでプレイし、帰化して日本代表としても活躍した田中マ...


2018 FIFA World Cup Russia アジア最終予選、日本の初...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です