芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 竹中絢音の高校や父親は?アームレスリングで鍛えた筋肉が凄い

竹中絢音の高校や父親は?アームレスリングで鍛えた筋肉が凄い


男子の方が女子よりも肉体的に強いのが普通なので、よっぽどのスポーツウーマン相手でなければ、男子の方が運動能力は上のはずです。

実際、小学生から大学生までのほとんどの男子は、運動で女子には負けないと思っているはずで、その気持ちは社会人になっても変わらないでしょう。

しかし、竹中絢音さんを見た瞬間、ほぼすべての男子が、「相手が女の子でも、この子には勝てない」と思うこと間違いありません。

なぜならば、竹中絢音さんは、可愛い顔つきにもかかわらず、その顔とはアンバランス過ぎる筋肉隆々の肉体を持っているからです。

アームレスリングで鍛えたその肉体は、日本の大会で優勝したほか、世界ジュニアチャンピオンに2年連続で輝き、実績を残しています。

今後の活躍が期待される竹中絢音さんの素顔に迫りました。



竹中絢音ってどんな人?

竹中絢音さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 竹中絢音(たけなかあやね)

【生年月日】 1999年6月29日

【出身地】 岐阜県岐阜市

【血液型】 B型

【身長】 154cm

【体重】 55kg

【高校】 岐阜農林高等学校在学中(2017年6月時点)

【アームレスリングの所属チーム】 JAWA team侍(samurai)

竹中絢音さんの父親は、『日本アームレスリング連盟』の岐阜県理事長を務めている竹中健さんです。

彼女が10歳の時、父親に連れられて初めて参加した大会で女子一般3位になり、アームレスリングの奥深さに魅了されました。

岐阜県立岐阜北中学校に進学してからは、アームレスリングを続けながら陸上部にも所属し、そのパワーを生かして砲丸投げをしていましたが、50メートル走も7.2秒の俊足だったそうです。

そして、岐阜農林高校に進学してからも努力を続けた結果、竹中絢音さんは筋肉とアームレスリングの実力をメキメキと付け、国内外の大会で優勝するようになりました。

高校卒業後は、大学には進学せず、プロのアームレスラーとして活動できる就職先を探すそうです。

テレビにも何度も出演しており、可愛い顔でタレント性もありそうなので、スポンサーが付いてプロのアームレスラーとしてやっていける可能性もあるでしょう。



竹中絢音の筋肉と戦績

後ろ姿は完全にロン毛の男性ボディービルダーですね。

日々のトレーニングの結果ですが、元々、筋肉が付きやすい体質なのでしょう。

顔は可愛く、体はムキムキで、筋肉アイドルの才木玲佳さんに似ています。

竹中絢音の戦績

  • 2014全日本アームレスリング選手権 女子55kg級-60kg級 レフト・ライト優勝
  • 2015全日本アームレスリング選手権 女子55kg級-60kg級無差別級 レフト・ライト優勝
  • 2015世界アームレスリング選手権 女子junior U18-55kg級 レフト3位・ライト優勝
  • 2016世界アームレスリング選手権 女子junior U18-55kg級 レフト・ライト優勝

世界選手権ジュニアの部を2連覇したことで、プロの世界大会に招待され、そこで準優勝に輝きました。

それでは満足できなかった竹中絢音さんは、彼氏を作ることは控え、1日3時間のトレーニングに励んでいます。

元々、類稀なる才能と運動神経を持ち、さらに努力家ということで、シニアの部で世界一のアームレスラーになるのも時間の問題でしょう。


関連記事

読売ジャイアンツの選手・監督として活躍し、国民栄誉賞も受賞している国民的スター...


桑田泉さんは、口が悪いゴルフのレッスンプロですが、その指導方法と独自のクォータ...


中央大学が箱根駅伝予選会で落選したことに対し、「内紛があるそうだからね」と発言...


2016年9月20日、横浜DeNAベイスターズの三浦大輔投手が記者会見を開き、...


登山家の南谷真鈴さんは、世界中の山々を制覇し、日本記録・世界記録を更新してきた...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です