芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » WBC2017の日程・テレビ放送時間・結果・メンバー!今年で最後?

WBC2017の日程・テレビ放送時間・結果・メンバー!今年で最後?


WBC2017

2017年3月6日から、WBC2017(ワールド・ベースボール・クラシック)が開幕しました。

日本は、3月7日のキューバ戦からスタートです。

侍ジャパンの過去の成績は、2006年の第1回大会優勝、2009年の第2回大会はイチロー選手らの活躍により連覇、2013年の第3回大会はベスト4であり、再び世界の頂点を目指します。

大谷翔平選手のケガによるWBC辞退、強化試合で阪神に負けると、開幕前から暗いニュースも飛び込んできましたが、日本球界を代表するメンバーが必ずやってくれるはずです。

再びあの熱い思いを共有するために、侍ジャパンを応援しましょう!!



WBC2017の試合結果・順位

第1次ラウンド プールB(東京ドーム)

  1. 日本 3勝0敗 得点:22 失点:8
  2. キューバ 2勝1敗 得点:16 失点:14
  3. オーストラリア 1勝2敗 得点:15 失点:8
  4. 中国 0勝3敗 得点:1 失点:24

第2次ラウンド プールE(東京ドーム)

  1. 日本 3勝0敗 得点:24 失点:14
  2. オランダ 2勝1敗 得点:32 失点:11
  3. イスラエル 1勝2敗 得点:9 失点:21
  4. キューバ 0勝3敗 得点:7 失点:26

準決勝(ドジャー・スタジアム)

  • プエルトリコ 4点 VS オランダ 3点
  • 日本 1点 VS アメリカ 2点

アメリカに敗れ、日本、準決勝敗退。

決勝(ドジャー・スタジアム)

  • プエルトリコ 8点 VS アメリカ 0点

アメリカが、4度目の挑戦にして初優勝しました。

WBC2017の参加国

WBC2017に参加するのは16ヶ国で、A~Dのプールに分かれ、総当たり戦で1位と2位のチームが次のラウンドに進みます。

第1ラウンド

プールA(ソウルラウンド)
韓国、チャイニーズ・タイペイ、オランダ、イスラエル
プールB(東京ラウンド)
日本、キューバ、中国、オーストラリア
プールC(マイアミラウンド)
アメリカ、ドミニカ共和国、カナダ、コロンビア
プールD(ハリスコラウンド)
メキシコ、プエルトリコ、ベネズエラ、イタリア

WBC2017の日程・テレビ放送時間

侍ジャパンの試合日程とテレビ放送時間をお知らせします。

WBC1次ラウンド

日本 VS キューバ 【日程】 2017年3月7日(東京ドーム)
【テレビ局】 TBS
【放送時間】 18:30~試合終了まで
オーストラリア VS 日本 【日程】 2017年3月8日(東京ドーム)
【テレビ局】 TBS
【放送時間】 18:30~試合終了まで
日本 VS 中国 【日程】 2017年3月10日(東京ドーム)
【テレビ局】 テレビ朝日
【放送時間】 19:04~試合終了まで

WBC2次ラウンド

オランダ VS 日本 【日程】 2017年3月12日(東京ドーム)
【テレビ局】 テレビ朝日
【放送時間】 18:30~試合終了まで
日本 VS キューバ 【日程】 2017年3月14日(東京ドーム)
【テレビ局】 TBS
【放送時間】 18:30~試合終了まで
日本 VS イスラエル 【日程】 2017年3月15日(東京ドーム)
【テレビ局】 テレビ朝日
【放送時間】 18:34~試合終了まで

準決勝

日本 VS アメリカ 【日程】 2017年3月22日(ドジャー・スタジアム)
【テレビ局】 TBS
【放送時間】 8:00~試合終了まで

準決勝

プエルトリコ VS アメリカ 【日程】 2017年3月23日(ドジャー・スタジアム)
【テレビ局】 テレビ朝日
【放送時間】 9:55~13:00

日本は、準決勝までです。



侍ジャパンのメンバー紹介

侍ジャパンのメンバーは、次のとおりです。

投手 13名

松井裕樹 東北楽天ゴールデンイーグルス
菅野智之 読売ジャイアンツ
秋吉亮 東京ヤクルトスワローズ
則本昂大 東北楽天ゴールデンイーグルス
宮西尚生 北海道日本ハムファイターズ
藤浪晋太郎 阪神タイガース
増井浩俊 北海道日本ハムファイターズ
石川歩 千葉ロッテマリーンズ
武田翔太 福岡ソフトバンクホークス
岡田俊哉 中日ドラゴンズ
牧田和久 埼玉西武ライオンズ
千賀滉大 福岡ソフトバンクホークス
平野佳寿 オリックスバファローズ

捕手 3名

炭谷銀仁朗 埼玉西武ライオンズ
小林誠司 読売ジャイアンツ
大野奨太 北海道日本ハムファイターズ

内野手 6名

田中広輔 広島東洋カープ
松田宣浩 福岡ソフトバンクホークス
菊池涼介 広島東洋カープ
坂本勇人 読売ジャイアンツ
中田翔 北海道日本ハムファイターズ
山田哲人 東京ヤクルトスワローズ

外野手 6名

内川聖一 福岡ソフトバンクホークス
青木宣親 ヒューストンアストロズ
平田良介 中日ドラゴンズ
筒香嘉智 横浜DeNAベイスターズ
鈴木誠也 広島東洋カープ
秋山翔吾 埼玉西武ライオンズ

監督・コーチ

小久保裕紀 監督
奈良原浩 ヘッドコーチ
権藤博 投手コーチ
村田善則 バッテリーコーチ
稲葉篤紀 打撃コーチ
仁志敏久 内野守備・走塁コーチ
大西崇之 外野守備・走塁コーチ

このメンバーで世界一を目指します。



WBC2017が最後?消滅する可能性あり!

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)は、メジャーリーグベースボール機構とMLB選手会による「WBCI」という組織が運営しています。

しかし、主要なメジャーリーガーは参加を辞退し、ベースボールの本場・アメリカでは人気がありません。

「新しいシーズンのために休みたい」、「無駄な試合をしてケガをしたくない」というのが、メジャーリーガーの本音でしょう。

「では、なぜWBCが行われているのか?」と疑問に思うでしょうが、これは日本や韓国などWBCで盛り上がる国からお金を稼ぐのが目的なのです。

つまり、「ベースボール世界一 < お金」となります。

そして、その大会収益が思ったよりも伸びていないという問題が起きており、2017年のWBCの収益次第では消滅すると報道されている状況です。

日本がベースボール世界一になるように応援しつつ、大会収益も大幅増になることを期待するしかありません。


関連記事

平出和也さんは、最低限の装備で岩壁や氷壁を登るアルパインクライマーです。「情熱...


2016年9月20日、横浜DeNAベイスターズの三浦大輔投手が記者会見を開き、...


野村忠宏さんは元柔道選手で、オリンピックで3個の金メダルを獲得しています。それ...


桑田泉さんは、口が悪いゴルフのレッスンプロですが、その指導方法と独自のクォータ...


中央大学が箱根駅伝予選会で落選したことに対し、「内紛があるそうだからね」と発言...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です