芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 赤坂5丁目ミニマラソン2017年秋の優勝候補者と結果発表

赤坂5丁目ミニマラソン2017年秋の優勝候補者と結果発表


マラソン

TBSの恒例行事とも言えるのが、毎年、春と秋に放送される『オールスター感謝祭』の『赤坂5丁目ミニマラソン』です。

1993年春に、ピリオドのボーナスクイズの企画としてスタートしましたが、「走りたい」と言うタレントがいたために、希望者全員が走るルールとなり、現在も人気企画として続いています。

芸能人のみではなく、日本を代表するマラソン選手や世界的な中長距離ランナーを参加させたことが、大きな人気につながりました。

コースは、TBSの周囲を回る約3.6km。

性別やマラソンの実績により、ハンデとしてスタート時間に差を付けることで、芸能人と一流アスリートが同じ土俵で勝負できるようになっています。

『赤坂5丁目ミニマラソン2017年秋』は、一体、誰が優勝するのか?

優勝候補者と結果をお知らせします。



前回優勝者・森脇健児のプロフィール

【芸名】 森脇健児(もりわきけんじ)

【生年月日】 1967年2月5日

【出身地】 大阪府枚方市

【血液型】 AB型

【身長】 171cm

【体重】 58kg

【趣味・特技】 陸上競技、野球観戦(パリーグ・ホークス)、スポーツ観戦、競馬観戦、湯豆腐を食べる事、ラジオ(AM)

【中学・高校】 洛南高等学校卒業

【最終学歴】 桃山学院大学社会学部生活文化コース卒業

【事務所】 松竹芸能

森脇健児さんは、高校時代、100m11秒2の記録を持つ短距離ランナーでした。

しかし、芸能人になると中長距離を走るようになり、2003年秋の『赤坂5丁目ミニマラソン』で、初出場、初優勝を果たします。

その後は、年2回の『赤坂5丁目ミニマラソン』を生きがいに、日々、トレーニングに励むことに。

その結果、2017年春に2回目の優勝を果たしました。

毎回、遺書を書いて参加しており、2017年に優勝した際の号泣シーンを観ても、他の参加者とは意気込みが違うことが分かります。



優勝候補大本命!モハメド・ファラーのプロフィール

【名前】 モハメド・ファラー

【生年月日】 1983年3月23日

【出身地】 ソマリア モガディッシュ

【国籍】 イギリス

【身長】 175cm

【体重】 65kg

モハメド・ファラー選手は、ソマリアで生まれましたが、内戦から逃れるためにイギリスに移り住み、帰化しました。

そのことによって、走る才能が開花します。

2006年頃から頭角を現すと、2012年ロンドンオリンピックの5000mと10000mで金メダルを獲得し、2016年リオデジャネイロオリンピックでも5000mと10000mで連覇を達成しました。

それだけではなく、世界陸上もヨーロッパ陸上も出場した大会は、全て2位以上で、そのほとんどが金メダルです。

『赤坂5丁目ミニマラソン』には、2016年秋に出場し、厳しいハンデがありながらも、当然のように優勝しています。

女優の土屋太鳳さんが激走を見せた大会なので、覚えている人も多いのではないでしょうか?

モハメド・ファラー選手は、2017年の世界陸上・ロンドンにおいて、5000メートルで準優勝となってしまいましたが、10000メートルでは優勝しており、体調は万全です。

モハメド・ファラー選手が、優勝候補最有力であることは、間違いありません。



『赤坂5丁目ミニマラソン2017年秋』の結果

『赤坂5丁目ミニマラソン2017年秋』上位者の順位は、次のとおりです。

  1. モハメド・ファラー
  2. 和田正人
  3. 佐野岳
  4. 小島よしお
  5. 森脇健児
  6. タイムマシーン・山本浩司
  7. ハリー杉山
  8. ノッチ
  9. 森渉
  10. ミキ・亜生

関連記事

2016年9月26日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャ...


2016年10月18日放送のABC朝日放送「芸能人格付けチェック」は、10人の...


2016年12月22日放送の「ぐるナイ ゴチになります!17」において、クビで...


2017年5月28日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 」は、オネエタ...


2017年4月8日放送の「土曜プレミアム」は、「なるほど!ザ・ワールド世界の絶...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です