芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 生物ライター平坂寛のゲテモノ料理!有吉弘行のダレトク!?

生物ライター平坂寛のゲテモノ料理!有吉弘行のダレトク!?


毎週火曜日23時から23時30分まで放送されていたフジテレビ系列「有吉弘行のダレトク!?」が、2016年10月18日火曜日から22時スタートの1時間番組にパワーアップ。

そのダレトクの中での人気企画が「キモうまグルメ」で、見た目はキモイけど食べたら美味しい生き物を調査します。

食べられるキモイ生き物を紹介するのは生物ライターの平坂寛さんで、同行する芸能人はアンガールズ田中さんや阿佐ヶ谷姉妹などです。

今までは沖縄での捕獲・調理が多かったのですが、22時スタートの初回スペシャルでは、アメリカでアリゲーターガーやガラガラヘビの捕獲をし、内容もパワーアップしています。

今後もどんなゲテモノ料理が登場するか楽しみです。



平坂寛ってどんな人?

平坂寛さんはプロフィールを公開していないので詳しい情報はわかりませんが、一応、次のことがわかっています。

【名前】 平坂寛(ひらさかひろし)

【生年月日】 1985年

【出身地】 長崎県長崎市

【経歴1】 2009年 琉球大学理学部海洋自然科学科卒業

【経歴2】 2013年 筑波大学大学院生命環境科学研究科環境科学専攻博士前期課程修了

今は生物ライターとして、世界中の深海魚や巨大魚、外来魚、爬虫類、両生類、変わった生物を捕獲し、場合によっては食してレポートしています。

ただ、生き物が好きでやっているだけだと思っていましたが、大学で海洋生物の勉強をしっかりしているんですね。

平坂寛さんは、子供の頃から生き物が好きだったものの、思春期に周りから爬虫類オタクと思われたくなくて一時封印し、大学で海洋自然科学科に進んだことで今まで我慢していた生物好きの気持ちが爆発したそうです。

一時は研究者を目指しますが、想像とは違ったために、生物に触れ合えるフリーの道を選びました。

上記のレシピ本も販売していますが、深海魚は手に入らないから問題ないとして、外来魚は入手できてしまうため、真似するときは注意が必要です。



平坂寛によるダレトク「キモうまグルメ」

平坂寛さんは、ダレトクでさまざまなキモイ生物を捕獲し、同行した芸能人に振る舞っています。

アンガールズ田中さんと一緒に行くことが多く、二人が揃うとなぜか捕獲できないということで、アンガールズ田中さんに胸ぐらを掴まれて責められる平坂寛さんの姿は番組でもお馴染みです。

そして、捕獲できた時はもちろんのこと、捕獲できなくても結局は用意されており、ゲテモノ料理を食べなければなりません。

たいていの場合、嫌々食べて、「うまい」という流れになるのですが、結構外見がエグイ生物も多いです。

私はすべての放送回を見ていますが、一番気持ちが悪いのがオオゲジでした。

この画像を見ただけでも悪寒が走る人もいるでしょう。

私は、ゴキブリと毒のある昆虫以外は触れますが、それでもこのオオゲジは食べられません。

しかも、このオオゲジを茹でただけという超簡単調理もインパクト満点です。

平坂寛さん曰く、「里芋味」だそうですが、確認のしようがありませんね。

平坂寛さんは他にもたくさんのキモイ生き物を食べており、クックパッドには「アリゲーターガーの丸焼き」のレシピを紹介していますが、こんなの誰も調理しないでしょう。


関連記事

2017年2月14日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト山本貴義さんは、ア...


2016年12月1日の「アメトーーク!」は、「WWE芸人」です。アメリカのプロ...


2017年8月1日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト郡司政男さんは、ギネ...


2016年12月22日放送の「ぐるナイ ゴチになります!17」において、クビで...


2017年3月21日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト清塚信也さんは、ピ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です