芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 上田悠貴のそうめん愛が止まらない!高校や職業は?

上田悠貴のそうめん愛が止まらない!高校や職業は?


流しそうめん

2017年7月25日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、『そうめんの世界』です。

夏になると多くの人が食べるのがそうめんであり、気温が高くて熱い物が食べにくくなったり、食欲が落ちる中、そうめんは無理なく食べられます。

そんな特徴やイメージによってか、一応、にゅうめんという温かい料理もありますが、やはりそうめんは夏の食べ物で、夏しか食べないという人が多いでしょう。

ゲストの上田悠貴さんは、「うどんとの扱いの差が激し過ぎる」、「全部同じは失礼」と、そうめんを愛してやまない男であり、製麺所にも足を運んで製造過程を確認しているのです。

そんなそうめん好きが紹介した素麺に、マツコデラックスさんも大満足!!

スタジオに幻の竹で15mの巨大流しそうめんを作り、夏の風物詩を楽しみました。



上田悠貴ってどんな人?

上田悠貴さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 上田悠貴(うえだゆうき)

【生年月日】 1986年5月14日

【出身地】 大阪府枚方市

【居住地】 京都府

【趣味】 ドライブ、旅行、ミュージカル、グルメ

【高校】 奈良学園高等学校卒業

【職業】 NPO法人日本農林再生保全センター理事長、世界流しそうめん協会会長、KIWAMI百貨店、食農連携コーディネーター(FACO)

上田悠貴さんは、自分で事業を興している一般人です。

高校は奈良学園高校を卒業しており、現在の職業は、自然環境の保全や資源活用などを目的とする『NPO法人日本農林再生保全センター』の理事長をしていますが、こちらは非営利団体なので、他にも職業を持っています。

それが、『世界流しそうめん協会』の会長で、流しそうめんイベントの企画・運営をしたり、流しそうめんセットの製造・販売などで収益を上げています。

さらに、『KIWAMI百貨店』というネットショップ運営したり、生産者と加工業者を繋ぐ食農連携コーディネーターという職業でも活躍中です。

このように、好きなそうめんだけではなく、手広く事業を展開しています。



『世界流しそうめん協会』とギネス記録について

上田悠貴さんが会長を務める『世界流しそうめん協会』は、オリジナルキャラクターである『SOMEN侍Tシャツ』の販売や、出張流しそうめんサービスなどを提供している団体です。

徳島で世界一高低差の流しそうめん!伊右衛門の夏プロジェクト2015|ガジェット通信 http://getnews.jp/archives/1053878

上田 悠貴さん(@ueueueda)がシェアした投稿 –

そして、イベントを開催することもあり、上記インスタグラムは、2015年7月19日に徳島県三好市東祖谷で『高低差世界一の流しそうめん』を達成した時の写真です。

さらに、2016年8月27日には、奈良県で世界最長となる3317.7メートルのギネス新記録を達成しました。

ただし、未公認記録は、2014年に熊本県菊池市で記録した約3.328メートルです。

そうめんは日本の食べ物なので、今のところ、日本の中だけの勝負になっています。

【同日放送】 五味弘文のお化け屋敷どこ?プロフィール紹介


関連記事

2016年12月27日のTBS「マツコの知らなすぎる世界 深夜SP」のゲスト深...


2017年6月11日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』は、スキーノ...


2016年10月31日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 」は、歌手で...


2017年2月5日放送の日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」は、「珍獣ハ...


2016年12月6日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト梅川千尋さんは、「...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です