芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 郡司政男 ハローキティーグッズ5千以上でギネス記録!元警察官

郡司政男 ハローキティーグッズ5千以上でギネス記録!元警察官


2017年8月1日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、『ハローキティの世界』です。

番組では、『???の世界』と伏せられて紹介され、ゲストとして登場した郡司政男さんが、「癒し系」、「ピンクが多い」とヒントを出すと、マツコデラックスさんは「ナース」と回答していました。

しかし、この郡司政男さんは、一部の人の間では超有名人であり、世界的にも知られた存在なのです。

それが、世界一のハローキティグッズコレクターという称号で、ギネス記録にも認定されています。

その数、なんと5,169個と驚異的です。

郡司政男さん経歴やハローキティグッズを集め始めたきっかけなどに迫ります。



郡司政男ってどんな人?

郡司政男さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 郡司政男(ぐんじまさお)

【年齢】 68歳(2017年7月時点)

【居住地】 千葉県四街道市

【趣味】 ハローキティグッズの収集

【職業】 元警察官

郡司政男さんは、父親が千葉県警の警察官で、その後を追うように、自分も高校卒業後に警察官になりました。

そして、警察の慰安旅行のお土産としてハローキティのストラップを購入したことがきっかけで、どんどんハローキティグッズを集めるようになります。

しかし、厳格だった父親はハローキティグッズを集めることに批判的だったので、見つからないようにこっそりと収集していました。

本格的に集め出したのは定年退職後で、サンリオピューロランドや百貨店、スーパーなどでハローキティグッズを見つけるたびに買い漁り続けたのです。

その結果、ハローキティグッズに2千万円以上使い、1万点以上のグッズをコレクションするに至りました。

ただし、ギネス記録には、8時間の時間制限他、厳しいルールがあったため、5250個を市内の集会場に搬入し、そのうち5169個が認められ、2016年11月23日にギネス新記録を樹立しています。

この記録は郡司政男さん一人によって作られたものではなく、協力的だった年上の奥さんのおかげであることも忘れてはいけません。



郡司政男、キティハウスを建てる

郡司政男さんは、「第2の人生、ハローキティと謳歌してます!」とコメントしており、郡司政男さんの人生にハローキティグッズは欠かせない存在となっています。

そして、ハローキティグッズに2千万円以上使い、さらに、そのグッズのためだけの『キティハウス』を1千万円かけて建ててしまったのです。

そのキティハウスはピンク色の壁をしており、閑静な住宅街の中、そこはメルヘンが広がっています。

ギネス記録樹立後は、近所の子供やハローキティファンが訪れる他、外国からも見学に訪れるようになりました。

今や、ハローキティファンにとって、郡司政男さんは世界的に超有名人なのです。

それにしても、スゴイ家ですね。

【同日放送】 上田寿美子・クルーズライターのプロフィール!おすすめのグルーズは?


関連記事

2017年2月8日放送の「ナカイの窓」は、約1年ぶりのロケ企画となる「冬のロケ...


「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」はコンプレックスを抱えた芸能人が、エピソー...


2016年10月11日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト、チャーリィ古庄...


フジテレビ系列「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「査定買うシリーズ」は、...


2017年8月15日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト土井雄弘さんは、4...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です