芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 土井雄弘 厳選ねりもの紹介!職業や経歴・プロフィールは?

土井雄弘 厳選ねりもの紹介!職業や経歴・プロフィールは?


おでん

2017年8月15日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、『ねりものの世界』です。

「ねりもの」とは、一般的には魚を材料にして練った食品として認識されていますが、実際には練って加熱した後に固めた食品すべてが「ねりもの」であり、羊羹もそのひとつに含まれます。

その「ねりもの」のうち、成形した魚のすり身に、焼く・茹でる・蒸す・揚げるなどの加熱調理を施したものが「かまぼこ」であり、その調理方法によって、板かまぼこや竹輪、はんぺんなど、さまざまな種類が存在しているのです。

実は、マツコ・デラックスさんは「ねりもの」が大好きで、「私、さつま揚げだけで1食済ます時もありますよ」と、その体格に似合わないコメントをしますが、それを聞いたゲストの土井雄弘さんには、「変わってますね、そりゃ」と否定的に返されてしまいました。

土井雄弘さんは、40年間毎日欠かさず「ねりもの」を食べ続けてきた男性であり、その趣味を職業にもしていますが、「ねりもの」を愛しすぎて卑屈になり、「ねりもの」を脇役だと思っています。

そんな「ねりもの」のプロが、全国2万種類の中から厳選した製品を紹介し、かまぼこのおいしい食べ方をレクチャーしました。

かまぼこの美味し食べ方

  • かまぼこは12ミリの厚さがおいしい

そして、最終的に、マツコさんも「ねりもの家族」になっています。



土井雄弘ってどんな人?

土井雄弘さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 土井雄弘(どいかつひろ)

【年齢】 64歳 or 65歳(2017年8月時点)

【出身地】 広島県呉市

【居住地】 東京都板橋区

【趣味】 ねりもの

【高校】 崇徳高校卒業

【最終学歴】 青山学院大学文学部仏文学科卒業

【職業】 水産煉製品新聞の編集長

土井雄弘さんは、青山学院大学卒業後、『かまぼこ新聞』や『かまぼこ通信』など経て、今現在の『水産煉製品新聞』に転職しました。

『水産煉製品新聞』は、全国かまぼこ連合会が発行するかまぼこの業界紙です。

ここで、編集長をしていますが、一般の新聞のように多くの需要があるわけではないので、土井雄弘さん一人で取材から執筆まで行っています。

この業界が長いだけのことはあり、電話一本で取材できる企業も多く、結構、顔が利くそうです。

ただし、土井雄弘さんは、「ねりもの」の今後に不安を抱いています。

今ではコンビニでも美味しいおでんが食べられるため、おでん屋がどんどん潰れており、また、メーカーも機械で大量に「ねりもの」を作るようになったので、職人が減って味も落ちている状況であり、「ねりもの」の先行きに対する土井雄弘さんの不安は拭えません。



ねりものの世界で紹介された「ねりもの」

「ねりもの」のプロである土井雄弘さんが、全国2万種類の中から厳選した商品のうち、ネットで購入できるものをご紹介します。

ぜひ、お召し上がりください。

特におすすめの商品


超特撰蒲鉾 古今・神奈川

ごろごろ枝豆揚げ・山口

京の魚そうめん 清滝・京都

煮玉子しんじょう・新潟

おすすめの商品


くんせい蒲鉾・熊本

千銀・山口

うまいでがんす・広島

特上うす板かまぼこ・岡山

梅かま「別撰」・富山

鮨蒲 あなご・富山

ポスト・カニカマの蒲鉾

カニカマは、日本発祥で、今や世界的なヒット商品です。

そのカニカマに次ぐのが、ホタテとウナギの蒲鉾で、どちらも本物に限りなく近づいています。


スギヨ 香り箱

カネテツ ほぼホタテ

一正蒲鉾 うな次郎

【同日放送】 田辺直樹 食虫植物を愛して41年の税理士


関連記事

2017年3月2日の「アメトーーク!」は、「LOVEガラケー芸人」です。スマホ...


2016年11月27日の「日曜もアメトーーク!」は、「仮面ライダー芸人」です。...


2017年7月2日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』は、ジョイマン...


2017年3月22日放送の「ナカイの窓」は、「関西のカリスマSP」です。関西で...


2017年1月29日の「日曜もアメトーーク!」は、「初の木曜日曜連動企画!鉄道...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です