芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 渡瀬謙 左利きの不便さを語る!職業とプロフィール

渡瀬謙 左利きの不便さを語る!職業とプロフィール


左利き

2017年9月19日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、『左利きの世界』です。

人はみんな利き手があり、コントロールできる片方の手を主に使いますが、この利き手は、「生まれる前から決まっている説」と「生まれた後に決まる説」があり、その真相は定かではありません。

ただし、その割合は、日本でも世界でも、右利き9割・左利き1割ということはハッキリしています。

そして、世界に存在する多くの物は、人口が多い右利き用に作られているのです。

ゲストの渡瀬謙さんは、右利きの人が知らない左利きの切なさを収集しており、『マツコの知らない世界』で左利きが使いにくい物を紹介しました。

しかし、右利きのマツコ・デラックスさんは、意外にも左手で上手くできてしまっています。



渡瀬謙ってどんな人?

渡瀬謙さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 渡瀬謙(わたせけん)

【生年月日】 1962年1月6日(2017年9月時点で55歳)

【出身地】 神奈川県

【血液型】 A型

【中学・高校】 神奈川県立茅ヶ崎北陵高等学校卒業

【最終学歴】 明治大学商学部卒業

【職業】 サイレントセールストレーナー

【会社】 有限会社ピクトワークス(代表取締役)、レフティサーフ代表

渡瀬謙さんは、子供の頃から人見知りで無口な性格で、それは大学に進学しても変わりませんでした。

そして、明治大学卒業後に精密機器メーカーに就職し、商学部卒業ということで、性格的に明らかに不向きな営業職に就きます。

そこで、クレームの多い製品の担当になり、クレーム対応のスキルがアップし、名古屋支店営業所長にもなりましたが、将来性が見えずに4年で退職しました。

営業に向いていないと思いながらも、次に転職したのはリクルートの営業です。

最初の6ヶ月は全く成績を残せませんでしたが、無口な自分の性格に合った営業スタイルに変えたところ、入社10ヶ月で営業達成率全国トップになります。

しかし、フリーランスのカメラマンやコピーライター、デザイナーなどと接するうちに、自分一人で仕事していく姿に憧れ、リクルートを退職しました。

渡瀬謙さんは、コピーライターの見習いとして新しいスタートを切り、制作会社を2、3社経験した後、デザイン全般を業務とする『有限会社ピクトワークス』を設立したのです。

さらに、『サイレントセールスのすすめ』というメールマガジンが評価されたことで、今はセールストレーナーとして、セミナーや講演、社員研修で、営業テクニックなどを指導しています。

ちなみに、渡瀬謙さんは、完全な左利きではありません。

生まれた時は左利きでしたが、親に右利きに矯正されて、書くのと食べるのは右手を使用しています。



渡瀬謙の著書紹介

渡瀬謙さんが出版している著書の一部を紹介します。


トップセールスが絶対・・・

内向型のための雑談術・・・

元リクルートNo.1の・・・

左利きが不便な商品

渡瀬謙さんは、右利き中心の商品に四苦八苦し、今までに1000時間の無駄な時間を費やしました。

はさみ、定規、缶切り、急須、ビデオカメラ、腕時計、スマホケース、トランプ、ドライバー、彫刻刀、ワインオープナー、扇子、包丁、おたまなどが右利き用に作られているので、左利きの人が使いづらいそうです。

そして、自動販売機、自動改札機、冷蔵庫、オーディオ家電、エレベーターのボタン、トレーのドリンク位置、ハンコの捺印、握り寿司は、「魔のクロス生活」とのこと。

右利きの人は、聞いて初めて、左利きの苦労が分かります。

また、自動販売機の硬貨投入口も腕をクロスしないと入れられません。

左利きは、本当に大変です。

【同日放送】 富田京一 大学や経歴・本は?ヘンな生き物好きな恐竜研究家


関連記事

2016年10月1日放送のフジテレビ系列「土曜プレミアム・世界ゲキレアハンター...


2017年10月10日放送のABC朝日放送『芸能人格付けチェック』は、『一流芸...


2017年4月8日放送の「土曜プレミアム」は、「なるほど!ザ・ワールド世界の絶...


サンシャイン池崎さんが、2017年5月18日放送のTBS系列「櫻井・有吉THE...


2017年2月12日放送の日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」は、「10...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です