芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 原坂一郎 怪獣博士の子供コンサルタント!本・プロフィール紹介

原坂一郎 怪獣博士の子供コンサルタント!本・プロフィール紹介


怪獣

2017年10月24日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、『良い子が育つ怪獣の世界』です。

「怪獣」と言えば、ゴジラやウルトラマンを思い浮かべるでしょうが、他の怪獣にも共通するのは、ヒーローが登場して退治されるということが挙げられるでしょう。

多少、それぞれの回のストーリーは違いますが、「怪獣が悪さをして、ヒーローが登場し、闘ってヒーローが勝つ」という構成がほとんどです。

子供は、あまりストーリーを理解していないので、この構成を楽しみに観ています。

しかし、ストーリーを理解できる年齢になってから観ると、奥深い設定を持っている怪獣がいることを発見できるのです。

ゲストの原坂一郎さんは、怪獣博士とも呼ばれる存在であり、番組で「怪獣には教訓がいっぱいある」と主張して、魅力的な怪獣を紹介しました。

しかし、興奮しすぎて、マツコ・デラックスさんに「ヤバいおっさん」と言われてしまっています。



原坂一郎ってどんな人?

原坂一郎さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 原坂一郎(はらさかいちろう)

【生年月日】 1956年

【出身地】 兵庫県神戸市

【高校】 兵庫県立御影高等学校卒業

【最終学歴】 関西大学社会学部卒業

【職業】 育児・保育コンサルタント、KANSAIこども研究所長

原坂一郎さんは、4歳の時に、何も知らされずに連れて行かれた映画館で『モスラ』を観て、怪獣の虜になりました。

その後、『ウルトラQ』が始まり、怪獣ブームが訪れると、怪獣について詳しく知っている少年としてテレビや新聞に出るようになり、「怪獣博士」と呼ばれるようになったのです。

それから50年経った現在でも怪獣愛は冷めず、今では500体以上の怪獣と暮らしています。

しかし、本業は怪獣に関する仕事ではありません。

子供好きだった原坂一郎さんは、関西大学社会学部を卒業後、独学で保育士資格を取得し、23年間で6箇所の保育所勤務を経て、2004年4月、こどもコンサルタントになりました。

主に、子供に関する研究や調査、執筆、講演会を行っており、「スーパー保育士」と呼ばれる存在です。

ちなみに、原坂一郎さんは、2男1女の父親でもあります。



原坂一郎の動画紹介

原坂一郎さんのことがよく分かる動画をご紹介します。

原坂一郎人生60年

こどもコンサルタント 原坂一郎の動くプロフィール



原坂一郎の書籍

原坂一郎さんが出版した教育に関する本を紹介します。


笑顔だけで子どもが変わる

育児と保育の裏ワザ50連発

子どもの本当の気持ち・・・

原坂一郎さんは他にもたくさんの教育本を出版しているので、子育てしている方は参考にすると良いでしょう。

【同日放送】 原坂一郎 怪獣博士の子供コンサルタント!本・プロフィール紹介


関連記事

2017年2月14日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト平野レミさんは、調...


2016年9月30日放送、テレビ朝日「関ジャニ8のTheモーツァルト音楽王No...


2016年11月30日放送のフジテレビ系列「モシモノふたり」は、熊切あさ美さん...


2017年6月7日放送の「ナカイの窓」は、「師匠と弟子SP」です。師弟関係にあ...


2017年4月25日のTBS「マツコの知らない世界」のゲストTRF・SAMさん...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です