芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 新生みゆき 崖5000ヶ所制覇し元気をもらう!東尋坊を紹介

新生みゆき 崖5000ヶ所制覇し元気をもらう!東尋坊を紹介


東尋坊

2017年11月14日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、『崖の世界』です。

「みなさん、崖はお好きですか?」のナレーションで始まる今回ですが、「はい」と答える人はごく少数で、ほとんどの人は「?」という状態でしょう。

崖で思い浮かべるのは、2時間ドラマのラストシーンか東尋坊くらいだと思います。

しかし、ゲストの新生みゆきさんは、今までに約5000ヶ所の崖巡りをしてきた生粋の崖好きなのです。

そんな新生みゆきさんが、崖の魅力について語りました。

最初は全く崖の魅力が分からなかったマツコ・デラックスさんも、最後には、崖の魅力をちょっと理解しています。



新生みゆきってどんな人?

新生みゆきさんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 新生みゆき

【職業】 ウェブ関係のOL

新生みゆきさんは、「父親が小学生の時に亡くなった祖父のお墓が、山口県彦島の海を望める美しい崖にあったものの、崖崩れにより横浜に移された」という話を聞き、崖に特別な感情を持つようになりました。

そして、19歳の時に、恋焦がれていたグランドキャニオンを見て、その雄大さに魅了されます。

これによって、新生みゆきさんは崖女(ガケジョ)となり、今までに約5000ヶ所の崖を巡っているのです。

新生みゆきさん曰く、崖の魅力は、「元気をもらえてるって感じ」とのこと。

崖への思いは本物で、崖を上から見て、下から見て、写真撮影をし、そして、元気をもらっています。

ちなみに、新生みゆきさんの好みの崖は、高さ10m以上で、黄金比「岩肌7:緑3」だそうですが、ほとんどの人は分からないでしょう。

そんな新生みゆきさんですが、断捨離で大切な崖の写真を捨ててしまったことから、『がけじょWEBmagazine』というブログを運営し、同じ過ちを繰り返さないようにしています。



東尋坊は上からも下からも見られる

日本で一番有名な崖と言えば、東尋坊を思い浮かべます。

東尋坊は、福井県坂井市にあり、波の浸食により岩肌が削られ、高さ約25メートルの崖が続く観光名所です。

ネガティブな名所として有名になったため、落ちたら命が危ないと思っている人は多いでしょう。

実際、高いところはあります。

しかし、場所によっては下まで降りることができ、下から見上げることができるのです。

マツコさんも、「東尋坊、下から見れるの!?」と驚いており、知らない人は多いのではないでしょうか?

また、観光遊覧船も出ており、海上から東尋坊の崖を見上げることも可能です。

東尋坊に行く機会があったら、上から見るだけではなく、下から見上げたり、海上から見たりしてください。

新生みゆきオススメの崖

新生みゆきさんがオススメする崖は、次のとおりです。

  • 鵜原理想郷(千葉県勝浦市・浸食で出来た穴が魅力)
  • 中木の崖(静岡県南伊豆・岩を貫く植物が魅力)
  • 蛇下り、白崎の崖(南伊豆)

【同日放送】 中倉隆道 柿の種好きでNHKアナ辞めた?結婚や経歴紹介


関連記事

2016年10月27日の「アメトーーク!」は、「今もアツイぞ!!キン肉マン芸人...


「1周回って知らない話 テレビの人気者大集合 初回2時間スペシャル」のゲストは...


2017年6月4日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 」のテーマは、古...


テレビ朝日系列『陸海空 地球征服するなんて』で、2017年11月にスタートする...


2017年10月17日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト井原奈津子さんは...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です