芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 丸山桂里奈 サッカーのルールを知らない元なでしこ!しくじり先生

丸山桂里奈 サッカーのルールを知らない元なでしこ!しくじり先生


はい、なんだかんだでこんな時間‍♀️みなさまご元気でしたか⁉️私は元気です来週の予告で気づいた方もおられたようなので、さーやっとこさ告知でーす9月10日(日)テレビ朝日しくじり先生がOAになりますもはや、ちょー大緊張しーの、汗ダラダラ〜の、なんだかこんな緊張する舞台が存在するのだろうかーと、、、W杯のときよりど緊張で回るに回って空回りが心配ですが‍♀️どうかどうかお手柔らかによろしくお願いします‍♀️意外に私、しくじってます。みていただけたらなるヘソーナルポソーテわかる気が緊張もしましたが、普段こんな機会がないので、この機会を設けてくれましたテレ朝の皆様、この場を借りてお礼申し上げる次第になります兎にも角にも、自然体ですので、そこをドンと置きながらこれからも色々な番組に出させていただけるように、全力で頑張りたいと思います自分らしくが一番私は私ですのでおやすみなさい。足は今日使いすぎて見せれたもんじゃありませんから、明日にでもおやすみなさい。 #テレビ朝日 #しくじり先生 #9月10日 #とんでもない先生 #なぜしくじり先生が終わる⁉️ #こんな素晴らしい番組に #出演させていただき光栄の極み #スタッフさんと厚い絆ができ #もはや会えないのがさみしー #OA終わったら飲みにいきたい #チームしくじり #みんな見てね #感想気になりますので #おやすみなさいまし #いい意味で #インスタバエ

丸山桂里奈さん(@karinamaruyama)がシェアした投稿 –

2017年9月10日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』の先生は、元なでしこジャパンの丸山桂里奈さんです。

なでしこジャパンは、『2011 FIFA女子ワールドカップ』で優勝して、国民栄誉賞も受賞し、女子サッカーを一躍日本に受け入れられる存在にしました。

そのメンバーと言えば、まず初めに澤穂希さんを思い浮かべるでしょうが、その次に思い浮かぶのが丸山桂里奈さんでしょう。

サッカー女子日本代表ではスーパーサブとして活躍し、ワールドカップでは、準決勝のドイツ戦の延長時間に決勝点を決めて顔と名前を知られるようになりました。

現役を引退後は、ホリプロに所属してタレント活動しています。

この丸山桂里奈さんは、見た目は普通ですが、「おバカ」や「天然」、「空気が読めない」、「周りが見えていない」といったタイプの性格であり、今までに多くの人々を怒らせてきました。

しかも、サッカー女子日本代表であるにもかかわらず、サッカーのルールや用語も理解せずにプレーしていたというから驚きです。

そんな丸山桂里奈さんが、人を怒らせてしまう性格について分析し、反省しました。



丸山桂里奈ってどんな人?

丸山桂里奈さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 丸山桂里奈(まるやまかりな)

【生年月日】 1983年3月26日

【出身地】 東京都大田区

【血液型】 O型

【身長】 163cm

【体重】 56kg

【趣味】 読書、ドライブ

【特技】 ものまね(いっこく堂)

【高校】 村田女子高等学校卒業

【最終学歴】 日本体育大学体育学部体育学科卒業

【事務所】 ホリプロ

丸山桂里奈さんは、小学生の時に入一SCでサッカーを始め、中学生の頃には読売メニーナに所属しており、子供の頃からサッカーの才能を開花させていました。

村田女子高校に進学すると、クラブチームを辞めてサッカー部で活動し、高校3年生の時には全国3位になっています。

そして、日本体育大学に進学すると、全日本大学女子サッカー選手権大会を4連覇し、サッカー女子日本代表にも選ばれました。

大学卒業後は、日本やアメリカのクラブチームで活躍しましたが、2016年9月に引退を発表しています。



丸山桂里奈 オフサイドのルールを知らずに怒られる

サッカーは、ルールが少なくて分かりやすいスポーツですが、その中で初心者がつまずくのが「オフサイド」でしょう。

オフサイドとは、「相手のゴールキーパー以外で最後尾にいる選手より前でパスを受けてはいけない」というルールです。

このルールがないと、ゴール前で待ち伏せしている選手にパスを出して、大量得点することが可能となるため、設けられています。

FWは、パスされる前に相手DFよりも後方にいればいいので、パスされる瞬間に前に出るという仕掛けをしており、逆にDFは相手FWをオフサイドにしようと仕掛けているのです。

ディフェンスラインでは、このようなFWとDFの熾烈な仕掛けがいつも繰り広げられています。

しかし、丸山桂里奈さんは、小学生の時からサッカーをしてきており、サッカー女子日本代表で、FWにもかかわらず、オフサイドのルールを全く理解せずにずっとサッカーをしてきました。

ある日、日本代表の試合後のミーティングで、「とんでもないことをした人がいる」となり、VTRには、日本チームのフリーキック時に相手チームのゴールポスト横に立っている丸山桂里奈さんが映っていたそうです。

当然、フリーキックを蹴った瞬間に、オフサイドで相手ボールになります。

そして、監督やコーチから激怒されたのでした。

しかし、逆に考えれば、オフサイドを知らないFWでありながら、サッカー女子日本代表になったのは凄いことです。



丸山桂里奈 おバカエピソード

丸山桂里奈さんのおバカエピソードをいくつかご紹介します。

  • 高校時代は、よく授業をさぼって保健室で寝ていた
  • パジャマのまま電車に乗って練習場に行った
  • 2008年北京五輪、ドイツとの3位決定戦で、サブなのに動かず、温厚な澤穂希を激怒させる
  • W杯準決勝ドイツ戦、澤穂希からのパスを岩渕真奈からのパスと勘違いしてインタビューに答える
  • ロンドン五輪の表彰式で、銀メダルを首にかけられる際、変顔ダブルピースをして監督に激怒される
  • 鼻くそをほじっている姿が国際映像に乗る
  • タレント業にうつつを抜かし、公式試合に遅刻して、スタメンから外される
  • 「PK」が何の略なのか分からない
  • 福島第一原子力発電所で働いていたこともあり、東電を擁護するコメントをしたところ、ブログが炎上する
  • 『やべっちFC』でAKB48のコスプレ姿を披露
  • グラビアデビュー、歌手デビューし、「勘違い女」と呼ばれる

関連記事

2017年3月22日放送の「ナカイの窓」は、「関西のカリスマSP」です。関西で...


2017年7月18日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト藤島琴弥さんは、1...


2016年10月23日放送の日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」は、お祭...


11月24日に、NHK紅白歌合戦2016の出場者が発表されました。白組司会は嵐...


2017年2月9日の「アメトーーク!」は、「若手プレゼン大会」です。今後の活躍...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です