芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 緑川静香の貧乏話は嘘ではなく真実!語られた極貧生活

緑川静香の貧乏話は嘘ではなく真実!語られた極貧生活


緑川静香さんは、フィギュアスケートの荒川静香さんと一文字違いで、一見すると間違えてしまいますが、女優やタレント・ファッションモデルとして活躍している女の子です。

9頭身という抜群のスタイルにかわいい顔立ちで、何不自由なく育ったお嬢さんという印象を持ちますが、実は、かなり貧乏な家庭で育ち苦労しています。

テレビで何度か貧乏話を披露していますが、あまりの極貧生活ぶりと「14歳の時に母親に携帯を買ってもらった」と話したことで、嘘だと疑われたこともありました。

しかし、緑川静香さんが嘘をつくような女性ではないこと、虚偽の貧乏話をすればすぐにばれること、学生時代の同級生からタレコミがないことから、貧乏話はすべて本当である可能性が高いです。

貧乏で苦労しながらも、笑顔が似合う女性に育った緑川静香さんの素顔に迫ります。



緑川静香ってどんな人?

緑川静香さんのプロフィールは、次のとおりです。

【芸名】 緑川静香(みどりかわしずか) ※本名:後藤静香

【生年月日】 1988年6月24日

【出身地】 埼玉県

【血液型】 AB型

【身長】 168cm

【推定3サイズ】 B80cm(Cカップ)・W57cm・H85cm

【趣味】 ラーメン食べ歩き、鳩と戯れる、バスツアー、カラオケ

【特技】 ライトカウンセリング、ものまね、適当外国語、料理、ケータリングを持ち帰る、貧乏グセ

【資格】 利き酒師

【高校】 ※非公表

【事務所】 サンミュージックプロダクション

緑川静香さんは、両親と兄の4人家族であり、家賃2万円のアパートで暮らしていました。

しかし、彼女が5歳の時に父親が蒸発し、より極貧生活に追い込まれます。

家賃が支払えないため、母親の知人宅にある約3畳の物置で3人暮らしをし、公園に生えていた雑草やスーパーの試食などを食べていました。

もちろん、母親は昼夜を問わず働いていましたが、借金があったのでその返済で生活費まで首が回らなかったそうです。

そんな貧乏な生活を送っていた緑川静香さんに転機が訪れたのは高校1年生の時で、地元のデパートで雑誌にスカウトされ、「撮影現場ではお菓子が出る」という言葉につられて仕事を受けました。

その時は、ただお菓子目的でしたが、緑川静香さんのグラビア写真が掲載された雑誌を母親が黙って2冊も購入している事を知り、お金がないにもかかわらず応援してくれる母親の期待に応えるために本格的に芸能活動を開始。

高校3年生でやっと物置生活を卒業し、その後は3人でお金を出し合って生活しています。

緑川静香さんの夢は、「母親に一軒家をプレゼントすること」ということで、頑張ってほしいですね。



緑川静香の貧乏話

緑川静香さんは、「さんま御殿」や「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」などで、次の貧乏話を披露しています。

  • 母親の知人が所有している3畳の物置で3人暮らし
  • 公園の雑草を食べていた
  • 食事をスーパーの試食で済ませたことがある
  • おやつは花の蜜
  • 一度だけコオロギを食べたことがある
  • お風呂は月一回
  • 友人宅で出されたポッキーやアーモンドチョコの空箱を筆箱にしていた
  • 「赤いきつね」の残り汁を使った炊き込みご飯がご馳走だった
  • 25歳まで肉を食べたことがなかった

緑川静香さんは女優業もしており、イメージも大切ですが、それでも厳しい芸能界で生き残るために貧乏であったことを告白したのでしょう。

同じく貧乏俳優である風間トオルさんも認める存在なのです。


関連記事

川口春奈さんは、見た目はかわいいのに、世間の評判がかなり悪いです。本人が極度の...


松田るかさんは沖縄から東京に上京し、めざましテレビやグラビアを経て、仮面ライダ...


女優の前田敦子さんが、新恋人のアパレル会社役員とデートしている姿をスクープされ...


女優で司会者の黒柳徹子さんが、Instagramを開始しました。「徹子の部屋」...


屋比久知奈さんは、ディズニー映画「モアナと伝説の海」の主人公・モアナ役の声優に...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です