芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » お笑い芸人 » 松浦真也 ギター芸人のプロフィール!使用ギターと始めたきっかけは?

松浦真也 ギター芸人のプロフィール!使用ギターと始めたきっかけは?


松浦真也(まつうらしんや)さんは、吉本新喜劇で活躍するお笑い芸人で、ギターの名手としても知られています。

『アメトーーク!』の「ギター芸人」にも何度か出演しているので、松浦真也さんをテレビで観たことがある人は多いことでしょう。

フット後藤さん曰く、「吉本一、芸人一、ギターが上手い」とのこと。

芸人であるにもかかわらず、プロのギタリスト並みの腕前である松浦真也さんのギター歴に迫ります。



松浦真也ってどんな人?

松浦真也さんのプロフィールは、次のとおりです。

【芸名】 松浦真也(まつうらしんや)

【生年月日】 1976年7月18日

【出身地】 京都府京都市

【血液型】 O型

【身長】 181cm

【体重】 70kg

【趣味】 楽器演奏、ゴルフ、将棋

【特技】 ギター、ベース、ラグビー

【高校】 京都府立山城高等学校卒業

【最終学歴】 神戸市外国語大学英米学科(第2部)卒業

【事務所】 吉本興業

松浦真也さんは、大学卒業後に不動産屋で働いていましたが、成績は悪く、やる気もなかったので、クビになりました。

しかし、姉の勧めで2005年に吉本新喜劇のオーディション『第1個目金の卵オーディション』を受けると、見事に合格し、芸人の道が拓けます。

アコースティックギターを使った芸を得意としており、すっちーさんとの絡みや森田まりこさんとの『ヤンシー&マリコンヌ』で人気です。

プライベートでは、2017年5月に一般女性と結婚しています。



松浦真也の使用ギター&ギターを始めたきっかけ

この投稿をInstagramで見る

松浦真也(@mazushin)がシェアした投稿

松浦真也さんは、高校1年生の時に、自宅にあった映画『スタンド・バイ・ミー』のパンフレットの裏面に掲載されていたギターコードを見て、「自分もギターを弾いてみたい!」と思いました。

すると、その直後に友達の家でアコースティックギターを発見し、譲ってもらいます。

そのギターは壊れかけで演奏が難しかったですが、来る日も来る日も練習に励みました。

大学生になると、通訳になるという夢をそっちのけで音楽に没頭し、ギター&ボーカルでバンドデビューを果たします。

その結果、大学に6年間も通うことに。

大学を留年し、ミュージシャンにもなれませんでしたが、会社を解雇された後に芸人になれたのも、現在、芸人として活躍出来ているのも、一生懸命ギターの練習に励んだ賜物です。

ちなみに、松浦真也さんの使用ギターは、20万円で購入した『ギブソンB-25(1962年製)』で、他に『マーティン000-28(2011年製)』も所有しています。


関連記事

下品な芸で全国区となった女性お笑いコンビ『モリマン』のモリ夫さんは、現在、故郷...


沙羅さんは、綾瀬はるかさんのモノマネで注目されているものまね芸人です。見た目も...


お笑いコンビ・納言は、注目されつつある存在ですが、特に興味を引くのが薄幸さんで...


デルピエロ山口さんは、アンガールズ田中さんにそっくりな芸人です。たまにテレビで...


『放課後ハートビート』は、『おもしろ荘2020』に出演した注目のお笑いコンビで...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください