芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » こち亀連載終了!連載40年、コミックス200巻で有終の美

こち亀連載終了!連載40年、コミックス200巻で有終の美


週刊少年ジャンプに長期連載中の「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、2016年9月17日発売の同誌42号をもって連載終了となることが発表されました。

連載40年、コミックス200巻でまさに有終の美となります。

作者の秋本治さんのコメントは次のとおりです。

「40年も連載されることは作家にとってうれしいところ。いつまでも描きたい気持ちもある。これでスパッと切れるわけではなく、時々(ジャンプに)遊びに行くくらいでもいいかもしれません。今後の展開は未定。次の作品の構想もあります」

終了を意識し始めた時期

「200巻を迎える2016年ですね。終わるかな?と迷っていました。おめでたい時に終わるのが一番かな?と考えた」

「両さんというキャラクターが面白い。キャラクターと出会えたのはうれしい」

週刊少年ジャンプを読んでいるほとんどの方にとって、最初に読んだ時から連載されていた漫画であり、連載終了することに寂しさを感じるのではないでしょうか?

週刊少年ジャンプはハガキによって漫画の人気投票をしており、ハガキの枚数が減ると後のページに回され、いずれ終了となるのですが、上記のコメントを読む限り、今回のこち亀終了は作者の秋本さん自身が決めたことのようです。

寂しさはありますが、秋本治先生、長い間お疲れ様でした。

次の漫画も期待しています。



こち亀の貢献度と偉業

こち亀は、東京都葛飾区亀有を舞台に、警察官の両津勘吉やその同僚、地域住民などのハチャメチャな日常を描くギャグマンガで、時には感動的なストーリもあります。

ただの漫画ではなく、同じ葛飾柴又を舞台とする「男はつらいよ」の渥美清さん演じる寅さん(車寅次郎)と並び、地域住民に親しまれる存在であり、銅像も建立されている特別な存在です。

何より、葛飾区を全国的な知名度にした貢献度はかなり高いでしょう。

そして、40年以上一度も休載せず「少年誌の最長連載記録」のギネス世界記録を樹立した功績も凄いです。

以前、TBS系列の「情熱大陸」で秋本治さんの密着をしていましたが、アシスタントの方が多くいて、こち亀の細かい背景もこういった方々の努力で成り立っていたことを忘れてはいけません。



こち亀の終了とSMAP解散

こち亀は40年の連載で終了となりますが、SMAPはグループ結成28年で解散となります。

この両者に共通しているのが香取慎吾さんであり、こち亀の実写版で両津勘吉役をしています。

奇しくも2016年で終わるということで、何か因果を感じますが、どちらも国民的な存在であり、これからも日本国民の心の中に残り続けるでしょう。

それぞれの新しい挑戦に期待です。

ラサール石井さんのコメント

アニメ版の両津勘吉の声優であり、舞台でも両津を演じているラサール石井さんのコメントは次のとおりです。

「びっくりしました。終わらないと思っていた。まだまだ続けてほしかった」

「分身のようなもの。活力が沸き、夢を見ている時期」

「ご苦労さまでした。新作に期待しています。一度食事したいです」

ラサール石井さんの両津は、外見も声もイメージピッタリで評価が高いですが、それだけにショックも大きいのでしょう。


関連記事

「君の名は。」「聲の形」「ルドルフとイッパイアッテナ」「ひぐらし」「氷菓」など...


2017年3月4日に、フジテレビで「アナと雪の女王」が地上波初放送されました。...


名探偵コナンの青山剛昌先生描き下ろしミニ複製原画を応募者全員にプレゼントする企...


記録的大ヒットの「君の名は。」に登場する岐阜県飛騨の聖地巡礼スポットを紹介して...


2016年9月現在、週刊少年ジャンプの連載終了作品や、もうすぐ終わりそうな漫画...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です