芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 伊藤喜剛 ドーピング疑惑で幻の100m9秒台!現在は?

伊藤喜剛 ドーピング疑惑で幻の100m9秒台!現在は?


陸上花形競技である男子100m走において、多くの欧米人が9秒台を出していますが、日本人は惜しいところまで行きながら、長年に渡り、なかなか超えられませんでした。

その高い壁を始めて破った日本人が、当時東洋大学の学生だった桐生祥秀選手であり、2017年9月9日に福井市・福井運動公園陸上競技場で行われた日本学生対校選手権で9秒98を出しています。

しかし、それ以前にも追い風参考ながら100m9秒台を出した日本人スプリンターは数人いました。

伊藤喜剛さんもその一人ですが、ドーピング疑惑により、その後の人生が狂ってしまったのです。



伊藤喜剛ってどんな人?

伊藤喜剛さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 伊藤喜剛(いとうよしたか)

【生年月日】 1970年6月23日

【出身地】 茨城県

【血液型】 ※非公表

【身長】 180cm

【体重】 66.3kg(ベスト時)

【趣味】 トレーニング

【高校】 水戸短期大学附属高等学校卒業

【最終学歴】 日本体育大学体育学部卒業

【職業】 加圧トレーナー

【ジム】 加圧トレーニングジムDEUX

小学生の頃から足が速かった伊藤喜剛さんは、1983年の第1回世界陸上・ヘルシンキ大会で活躍するカール・ルイスをテレビで観て驚愕し、カール・ルイスに憧れて、中学生の時に陸上部に入部しました。

成長が遅かったこともあり、中学1、2年生の時は水戸地区大会ですら勝てない状況でしたが、中学3年生の時は大きく成長し、そこから右肩上がりで成績が上昇していきます。

そして、高校、日体大に進学し、大学時代はケガで苦労した時期があったものの、全日本の合宿にも呼ばれるようになり、その勢いのまま、日の丸を背負って100mや4X100mリレーに出場するスプリンターになったのです。

100mの自己ベストは、1995年の日本選手権で出した10秒22(当時の日本歴代4位)で、1995年4月には、追い風9.3mの参考記録ながら9秒8を出しました。

しかし、ドーピング検査で陽性反応が出てしまい、本人は否定し、弁護団と共に無実を訴え続けたものの、4年間の出場停止処分を受けることに。

結局、罰則規則が変更されて2年で復帰しましたが、その後はケガに悩まされ、シドニーオリンピック前に引退しています。



伊藤喜剛経営の『加圧トレーニングジムDEUX』

伊藤喜剛さんは、現役時代に肉離れに悩んでおり、その解決のために加圧トレーニングを取り入れました。

加圧トレーニングを始めて、ケガをしにくくなったのです。

そして、30歳で引退してトレーナーになると、加圧トレーニングなどの資格を取得しました。

伊藤喜剛さんは現在、東京・自由が丘で『加圧トレーニングジムDEUX』を経営しており、猫ひろしさんやJリーガー、マラソン選手などの指導も行っています。

ジム名 加圧トレーニングジムDEUX
住所 東京都目黒区自由ヶ丘1-15-10 ジュンビル2F
電話 03-5731-0165
営業時間 【月~金】 10:00~22:00
【土日祝】 10:00~17:00
定休日 月に数日あり ※ホームページで要確認

トレーニングマシンやベンチプレス、酸素カプセル、シャワーブースなどがある本格的なトレーニングジムです。

伊藤喜剛さん自身もトレーニングし、『BEST BODY JAPAN 静岡大会』で4位になるほど、筋肉隆々の体をしています。


関連記事

2016年9月20日、横浜DeNAベイスターズの三浦大輔投手が記者会見を開き、...


吉田勝次さんは、人類未踏の洞窟を踏破することを生きがいにしている洞窟探検家です...


登山家の南谷真鈴さんは、世界中の山々を制覇し、日本記録・世界記録を更新してきた...


竹内智香さんは、スノーボードアルペン選手であり、平昌五輪で5大会連続のオリンピ...


畠山愛理さんは、元新体操選手ですが、美人で有名で、過去にはミス日本にも選ばれて...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です