芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 坂本雄次の経歴!24時間マラソンのトレーナーで会社経営、豪邸建設

坂本雄次の経歴!24時間マラソンのトレーナーで会社経営、豪邸建設


マラソン

日本テレビ系列『24時間テレビ 愛は地球を救う』のチャリティーマラソンは、今や、日本の夏の風物詩と言って過言ではありません。

チャリティーなのに高額なギャラが支払われていたり、ヤラセ疑惑が浮上したりと、問題は多いものの、多くの人が注目していることは間違いないでしょう。

そんな状況の中、毎回、チャリティーランナーを指導し、伴走しているのが、坂本雄次さんです。

2010年に人工股関節の手術をしたため、それ以降、常時伴走することはできなくなりましたが、それでも、放送時間をオーバーしてでも、ほぼすべてのチャリティーランナーをゴールさせました。

唯一、リタイアとなったのも、初年である1992年に、間寛平さんの走行ルートが事前に漏れ、パニックで走行不能になったからです。

このように、24時間マラソンに欠かすことのできない存在である坂本雄次さんの素顔に迫ります。



坂本雄次ってどんな人?

坂本雄次さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 坂本雄次(さかもとゆうじ)

【生年月日】 1947年

【出身地】 神奈川県茅ヶ崎市

【趣味・特技】 マラソン

【会社】 株式会社ランナーズ・ウェルネス

24時間マラソンの指導者ということで、相当な実績の持ち主であると想像するかもしれませんが、坂本雄次さんのフルマラソンベスト記録は3時間13分と、そこまで速くはありません。

しかし、指導者としてはトップクラスであり、その実績を評価され、長年に渡り、チャリティーランナーの指導を任せられています。

マラソン素人だった坂本雄次さんは、1976年から健康のために独学でランニングを始めると、その後、東京電力陸上部の監督を15年間続け、2時間30分台でフルマラソンを走れるランナーを多く育てました。

そして、1992年、知人を介して間寛平さんの『スパルタスロン(36時間で245.3km)』をサポートすることになり、その流れで、同年、24時間テレビのチャリティーマラソンの企画立ち上げに携わることになったのです。

坂本雄次さんは、このチャンスを見逃さず、1993年7月14日に会社を立ち上げ、9.5億(2017年)を売り上げる会社に成長させました。

ちなみに、24時間マラソンのギャラは、半年で200万円と安いですが、名前が売れることで講演会の仕事が舞い込んで、今では年収6000~7000万円とみられており、箱根に2億円の豪邸を建設しています。



株式会社ランナーズ・ウェルネス

坂本雄次さんが経営する会社の詳細情報は、次のとおりです。

会社名 株式会社ランナーズ・ウェルネス
住所 【本社】 神奈川県中郡大磯町国府本郷438
【横浜オフィス】 神奈川県横浜市中区常盤町4-42 石井ビル2F
電話 0463-70-6665
営業時間 10:00~17:30
定休日 土・日・祝日

『株式会社ランナーズ・ウェルネス』は、マラソン大会の企画・運営を中心に、さまざまな事業を展開しています。


関連記事

植草歩さんは、国内外の空手大会に出場し、世界チャンピオンに輝いている女性です。...


大坂なおみさんは、強いプロテニスプレイヤーとして注目を集めていますが、その一方...


平出和也さんは、最低限の装備で岩壁や氷壁を登るアルパインクライマーです。「情熱...


中央大学が箱根駅伝予選会で落選したことに対し、「内紛があるそうだからね」と発言...


大場美和さんは、「校舎をよじ登る女子高生」として有名になったフリークライマーで...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください