芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 激レアさん!鈴木利枝 津軽三味線日本一までのサバイバルあり壮絶人生

激レアさん!鈴木利枝 津軽三味線日本一までのサバイバルあり壮絶人生


津軽三味線

2018年10月22日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、父親に世界サバイバル旅行に連れ出され、その結果、独学で津軽三味線日本一に輝いた鈴木利枝(スズキトシエ)さんです。

津軽三味線は、青森県の伝統楽器ですが、レベルの高い演奏に加え、魅せる演奏を取り入れた吉田兄弟によって、カッコいいというイメージも定着しつつあります。

しかし、津軽三味線とサバイバルの関係を想像できる人はいないでしょう。

鈴木利枝さんは、津軽三味線と父親が始めたアジア放浪によって自信を取り戻し、津軽三味線日本一の称号と明るい人生を手に入れたのです。

そんな、過酷な人生を歩んだ鈴木利枝さんの素顔に迫ります。



鈴木利枝ってどんな人?

鈴木利枝さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 鈴木利枝(すずきとしえ)

【生年月日】 1986年

【出身地】 愛知県名古屋市

【居住地】 大分県別府市

【血液型】 A型

【趣味】 温泉

【特技】 津軽三味線

【高校】 通っていない(大検合格)

【最終学歴】 立命館アジア太平洋大学(APU)卒業

【職業】 津軽三味線奏者

3歳で母親を亡くした鈴木利枝さんは、子供の頃、親戚の間を行き来する生活を送りました。

ある日、夕ご飯のおかずを一品増やすかどうかで、父・敏明さんが祖父母とケンカし、そのまま親子二人で引っ越し・転校することになります。

しかし、転校先の学校には吹奏楽部がなく、それまでやっていたクラリネットができなかったのです。

どうしてもクラリネットがやりたかった鈴木利枝さんは、父親にそのことを伝えると、昔、祖母から借りてそのまま持っていた津軽三味線を渡され、父親のすすめで、小学5年生の時に津軽三味線を始めました。

そして、津軽三味線で日本一になることを目標にすると、熱血漢のある父親は、名古屋で三代続くお茶屋を売り、娘のために津軽三味線の本場である青森に引っ越します。

これで、万全の態勢で津軽三味線を学べるはずでしたが、いざ津軽三味線の教室に入ると、先生は寝そべってリンゴを食べ、教えるのは弟子という状況でした。

当然、納得できず、辞めることを伝えると、先生は激怒し、その知り合いだった中学校の先生からも怒られ、不登校になり、高校受験も失敗したのです。

こうして、カセットテープを聞いて耳コピして津軽三味線を練習する生活になり、実力を試すために全国大会に出場しましたが、メンタルが弱くて人前が苦手なため、頭が真っ白で曲を飛ばしてしまうボロボロ状態に。

舞台上から直接帰宅するほどショックを受けましたが、そんな娘を見て、父親は、東南アジア3ヶ国(タイ、マレーシア、シンガポール)を巡るサバイバル旅行に連れ出します。

「鈴木利枝さんが簡単な英会話ですべてやり取りする」「自転車で約300km移動する」「野良犬の群れに追いかけられる」といった過酷な旅行により、人見知りが治り、体力も付きました。

帰国後、さらに独学で練習し、全国大会に出場すると、優秀賞を受賞します。

このままプロになろうと考えた鈴木利枝さんですが、父親から、もしもプロになれなかった時のことを考え、「大学に行きなさい」と告げられたことで、大検の勉強をし、それ以外の時間は津軽三味線の練習に充てました。

それでも、なかなか全国大会で優勝できません。

そんな状況を打破すべく、父親は娘に成功体験を通じて自信を持たせるために、今度はインド旅行に連れ出しましたが、その前に、ネパールの標高8,000m級の山に立ち寄ったのです。

実際に登ったのは、ヒマラヤ山脈の4,000メートルくらいにあるベースキャンプまででしたが、疑問に思いながらも登り切ります。

さらに、その後に行ったインドで、三味線に似たインドの民族楽器・シタールの教室に行き、父親の命令で弾いてみると、そこの先生に「10年に1人の天才だ!」と言われるくらい上手に弾けました。

それまで独学で練習していたので、褒められることがありませんでしたが、シタールの先生に褒められたことで、自分の凄さを実感します。

また、インドが合わずに体調を崩して寝たきりになったことで、「津軽三味線で日本一になるまで死にたくない」と、強く心に思いました。

これらの経験により、帰国後、テレビ・パソコン・携帯を断ち、大検の勉強と津軽三味線の勉強に集中すると、まずは大検に合格し、2005年に立命館アジア太平洋大学に入学します。

その後、2014年に『津軽三味線全国大会(神戸)文部科学大臣賞』『津軽三味線全国コンクール(大阪)優勝』、2015年の『津軽三味線コンクール全国大会(日比谷公会堂)優勝』の結果を残し、念願だった津軽三味線日本一に輝いたのです。

ちなみに、この結果を父親に伝えると、優勝を信じてくれませんでした。

ただ、本当は優勝を知っていたものの、照れて、優勝を信じないフリをしていたようです。

現在、鈴木利枝さんは、津軽三味線のプロとして活躍中です。



鈴木利枝の津軽三味線演奏動画

鈴木利枝さんが津軽三味線を演奏している動画を紹介します。

第18回 津軽三味線コンクール全国大会 独奏 一般の部 優勝

津軽三味線曲弾き

情熱大陸

流石は津軽三味線日本一。

その素晴らしい音色に聞き入りました。


関連記事

徳永克彦さんは、世界を代表する航空写真家です。自ら戦闘機に乗って撮影するスタイ...


2017年8月9日放送の『ナカイの窓』は、『我が区が一番!東京23区SP』です...


2017年1月26日の「アメトーーク!」は、「初の木曜日曜連動企画!鉄道芸人」...


2018年1月30日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト小林裕さんは、日本...


2017年4月12日放送の「ナカイの窓」は、「お久しぶりですSP」です。昔はテ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください