芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 森崎ウィン スピルバーグ監督絶賛のハーフ俳優?出演作と経歴

森崎ウィン スピルバーグ監督絶賛のハーフ俳優?出演作と経歴


世間にあまり知られていなかった森崎ウィンさんですが、2018年3月公開の『レディ・プレイヤー1』に主要キャストとして出演したことで、一気に有名になりました。

それもそのはずで、『レディ・プレイヤー1』は、スティーヴン・スピルバーグ監督の作品なのです。

スティーヴン・スピルバーグ監督が、森崎ウィンさんのことを「日本一の俳優」と評価しており、今後も国際派俳優として活躍すること間違いありません。

そんな知られざる森崎ウィンさんの素顔や出演作品などに迫ります。



森崎ウィンってどんな人?

森崎ウィンさんのプロフィールは、次のとおりです。

【芸名】 森崎ウィン(もりさきウィン)

【生年月日】 1990年8月20日

【出身地】 ミャンマー・ヤンゴン

【血液型】 O型

【身長】 174cm

【趣味】 飛行機、ギター、ピアノ

【特技】 殺陣、ビリヤード

【高校】 東京都立第一商業高等学校卒業

【事務所】 スターダストプロモーション

森崎ウィンさんは、ミャンマーで生まれ、小学4年生の時に来日しました。

ミャンマー出身で、名前が「森崎ウィン」なので、日本人とミャンマー人のハーフと考えるのが普通ですが、両親ともにミャンマー人なので、森崎ウィンさんは生粋のミャンマー人ということになります。

「じゃあ、ハーフじゃないのに何で森崎なの?」と考えるでしょうが、ミャンマーには苗字がないため、日本に来て「森崎」という名字を名乗るようになったそうです。

その後、普通に暮らしていた森崎ウィンさんは、中学2年生の時に、恵比寿でスターダストプロモーションにスカウトされ、芸能界入りしました。

実年齢よりも若く見えますが、『レディ・プレイヤー1』で有名になるまでに、10年以上かかっています。



森崎ウィンがハリウッドデビューを果たすまでの経緯

日本で俳優として芸能活動を始めた森崎ウィンさんは、事務所の俳優ユニット『DAKARA☆S!!』で活動していました。

そして、BS-i『東京少女桜庭ななみ』で俳優デビューを果たし、『ごくせん卒業スペシャル』『ごくせん THE MOVIE』『仮面ライダーW』などのドラマ・映画に出演しましたが、売れることはなく、『DAKARA☆S!!』も活動休止になります。

そこで、2008年に、超国際派ダンスボーカルユニット『PrizmaX』のメンバーとなり、ボーカル担当で、一部の曲の作詞・作曲も担当しました。

その一方で、俳優としても着実にステップアップして、尾崎豊さんの追悼映画『シェリー』では、尾崎豊役で主演を務めたのです。

さらに、Fm yokohamaで、ラジオパーソナリティーを務めました。

しかし、全く注目されません。

転機は、2015年に日本の広告代理店で受けたビデオオーディションで、何のオーディションなのか、監督は誰なのか分からないまま受けると、2次審査でロサンゼルスに呼ばれ、そこで全てを知りました。

他にも日本の有名俳優がいましたが、スティーヴン・スピルバーグ監督が起用したのは、森崎ウィンさんだったのです。

『レディ・プレイヤー1』で、森崎ウィンさんは、ガンダムを操縦するトシロウ/ダイトウ役で出演しています。

日本語、ミャンマー語、英語を話せ、『レディ・プレイヤー1』でも流暢な英語を話していますが、本人曰く「ペラペラではない」そうです。

ただし、アメリカ人が聞いても全く問題ない発音と英会話力であることは間違いありません。

また、日本とミャンマーを舞台とする映画『マイ・カントリー マイ・ホーム』にも出演しており、まさに国際派俳優といった活躍をみせています。

今後も、森崎ウィンさんは、日本や世界のドラマ・映画で活躍し続けるでしょう。


関連記事

大和田伸也さんは、大御所俳優でありながら、過去にはおやじ狩りに遭ったことがあり...


大谷亮平さんは、日本でモデル活動している時に韓国のCMで有名となり、その後は韓...


高橋一生さんは、実力派イケメン俳優で、低音ボイスが魅力です。TBSドラマ「カル...


窪田正孝さんは、演技力が高く評価されている人気若手俳優で、数々のドラマ・映画に...


草なぎ剛さんが、2017年春に結婚する予定であることが報じられました。スマップ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください