芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 松本花奈 映画監督として10代で大成!HKT48のMVも担当

松本花奈 映画監督として10代で大成!HKT48のMVも担当


松本花奈さんが、2018年4月22日放送のTBS系列『情熱大陸』の特別編である『ハタチの情熱・第3夜』に出演しました。

一見すると、美人で可愛いので、ほとんどの人が、売り出し中の若手女優だと思うでしょう。

確かに、松本花奈さんは女優として活動していたことがありますが、現在は映画監督として活躍しており、10代でデビューした後、数々の賞を受賞している日本映画界の新星です。

映画、テレビドラマ、MVなどの監督をし、今後、ますます活躍すること間違いない松本花奈さんの素顔に迫ります。



松本花奈ってどんな人?

松本花奈さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 松本花奈(まつもとはな)

【生年月日】 1998年1月24日

【出身地】 大阪府

【血液型】 A型

【身長】 164cm

【高校】 日本大学鶴ヶ丘高等学校卒業

【最終学歴】 慶應義塾大学総合政策学部在学中(2018年4月時点)

【職業】 映画監督、女優、大学生

松本花奈さんは、幼い頃、ダンスがやりたくて、自宅近くにある劇団に入ったことがきっかけで、芝居も始めました。

しかし、子役として数々の映画・ドラマ・CMなどに出演するも、女優ではなく、裏方として映像を作ることに興味を持ちます。

そして、中学2年生で映像制作を始めると、16歳高校生の時に監督・脚本・編集を手掛けた映画『真夏の夢』が、『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015 フォアキャスト部門』に出品され、高校生監督として注目されました。

その後、慶應義塾大学総合政策学部に入学し、早稲田大学シナリオ研究会に所属。

2016年に『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016』に出品した映画『脱脱脱脱17』が、審査員特別賞と観客賞をダブル受賞しています。

松本花奈さんは、岩井俊二監督にもその才能を認められている若手映画監督であり、今後、素晴らしい映画を世に生み出し続けることは間違いありません。



松本花奈 HKT48のMV監督を経験

2017年夏、松本花奈さんは、秋元康さんの長編小説『目薬キッス』を映画化したいと思うようになりました。

しかし、つながりはなく、連絡先も分かりません。

そこで、映画祭で知り合った人のツテで、秋元康さんに接触することに成功したのです。

残念ながら、『目薬キッス』の映画化には至りませんでしたが、その後、HKT48のスタッフからツイッターのダイレクトメッセージがあり、ミュージックビデオの監督を依頼されました。

それが、HKT48『キスは待つしかないのでしょうか?』のMVです。

10代最年少で、HKT48のMV監督になったことでも注目されました。

さらに、その実績を認められ、2018年春にもHKT48の新曲のMV監督をしています。


関連記事

中村アンさんは、モデルからスタートし、ドラマで主演女優を務めるまでに成長しまし...


屋比久知奈さんは、ディズニー映画「モアナと伝説の海」の主人公・モアナ役の声優に...


土屋太鳳さんは、見るからに性格がいい女性ですが、見かけによらず、実は日本女子体...


若手女優の福地桃子さんは、哀川翔さんにいる5人の子供の末っ子です。親子共演で顔...


緑川静香さんは、9頭身のかわいらしい女の子であり、女優やタレント・ファッション...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください