芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » ピコ太郎、新曲「ネオサングラス」、PPAPは世界134ヶ国同時配信

ピコ太郎、新曲「ネオサングラス」、PPAPは世界134ヶ国同時配信


PPAPピコ太郎、正体は古坂大魔王?ジャスティンビーバー一押しで紹介したピコ太郎さんですが、10日くらい前まではネットで一部の人々に知られている程度の存在だったのに、今ではテレビでも特集されてかなり注目の的になっています。

この現象は、インターネットであっという間に全世界に拡散された結果であり、改めてインターネットの素晴らしさと怖さを思い知らされました。

一躍、時の人になったピコ太郎さんですが、チャンスは今と言わんばかりに、「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」を含む全4曲を世界134ヶ国で同時に配信しています。

さらに、新曲も完成し, タイトルは「ネオサングラス」です。

これらの曲を紹介したいと思います。



PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)動画

ピコ太郎さんを世界的に有名にした曲で、多くの人が真似して動画をアップしています。

「ペンパイナッポーアッポー」の3つの単語を組み合わせた単純な曲ですが、独特なリズムが耳から離れません。

ロミータ・ハシミコフ動画

父親の再婚相手が、ロミータ・ハシミコフという名前のロシア人だったという歌詞です。

ピコ太郎のテーマ動画

陽気に自己紹介しています。

KASHITE KUDASAIYO動画

要約すると、「10万円貸してくださいよ、5万で返すから・・」「車貸してくださいよ、ヤフオクで売ってそのお金で5万を返すから・・」という内容の歌詞です。

貸したら損するということをネタにしているのでしょう。

ネオ・サングラス動画

サングラスをかけて暗い、外して明るい、斜めにかけてとんとん、という歌詞です。



ピコ太郎、一発屋確定か?

ピコ太郎さんは、千葉県出身、53歳のシンガーソングライターという設定ですが、実際には、青森県出身、43歳の古坂大魔王という芸名のお笑い芸人です。

なかなかお笑いでは人気が出ませんでしたが、まさか、この短期間に歌で世界的に有名になるとは思っていなかったでしょう。

しかし、今の流れを考えると、一発屋まっしぐらと感じるのは私だけではないはずです。

PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)は英語でしたが、他の曲は日本語で、外国人はまったく意味が分からないため、これも問題ですね。

英語版もあるのかなあ?

また、曲が単純なので、量産することも可能であり、一気に飽きられる可能性もあるでしょう。

紅白、サマソニ、マディソンスクエアガーデンでのライブと、大きな夢を語っているピコ太郎さんの今後にも注目です。


関連記事

HYは、沖縄出身の男性4人・女性1人からなるバンドです。インディーズで活動しな...


ピコ太郎(古坂大魔王)さんのPPAPが、有名アーティストを抑えて、YouTub...


歌手の三浦大知さんは、ミュージックステーションのステージで、激しいダンスとハイ...


上野耕平さんは、サクソフォーン奏者です。しかし、それとは別に、鉄道好きとしても...


神部冬馬さんは、名曲「なごり雪」を歌ったイルカさんの息子です。母親の背中を追っ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください