芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。なお、本ページはプロモーションが含まれています。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 千葉県山武郡横芝光町の『九十九里海っ子ねぎ』通販情報!青空レストラン

千葉県山武郡横芝光町の『九十九里海っ子ねぎ』通販情報!青空レストラン


ねぎ

2023年12月23日放送の日本テレビ系列『満天 青空レストラン』の食材は、千葉県山武郡横芝光町の『九十九里海っ子ねぎ』です。

MCの宮川大輔さんとゲストである青山テルマさんが畑で『九十九里海っ子ねぎ』を収穫し、かき揚げやすき焼きなど『九十九里海っ子ねぎ』を使った美味しい料理に舌鼓を打ちました。

千葉県山武郡横芝光町の『九十九里海っ子ねぎ』に迫ります。

『九十九里海っ子ねぎ』の誕生秘話

野菜に塩が付くと水分が抜けて枯れてしまうため、野菜の栽培に塩は天敵とされていますが、『九十九里海っ子ねぎ』はあえて塩を与えて栽培しているという点で他の野菜とは異なります。

きっかけは、2002年10月1日に関東地方を縦断した台風21号です。

東京湾を北上した台風21号は、たくさんの海水を降らせながら九十九海岸から約4km内陸の千葉県山武郡を通過すると、塩害で多くの野菜を枯らせてしまいました。

しかし、ネギだけは青々と育ち続け、食べてみるといつもよりも美味しかったのです。

「ひょっとして、海水をかけるとネギが美味しくなるのではないか?」と考えたJAと山武農業事務所が、塩分濃度や散布時期、散布回数などを変えて何度も試験し、2006年に千葉県山武郡のブランドネギ『九十九里海っ子ねぎ』が誕生しました。

2011年に起きた東日本大震災による原発事故で、1年間生産を停止する事態になりましたが、見事に乗り越えています。

そんな『九十九里海っ子ねぎ』の特徴は、次のとおりです。

『九十九里海っ子ねぎ』の特徴

  • 生産後期に、10倍に薄めた海水を5回散布している
  • 生産者全員が同じ品種のネギ・海水・有機質肥料を使っている
  • 千葉県が定める農薬使用回数の半分以下の低農薬栽培
  • 29項目の生産工程をマニュアル化して品質管理している
  • 海水に含まれるミネラルにより、太く、甘く、柔らかいネギになる
  • 出荷期間は11月20日~4月20日

千葉県山武郡横芝光町の『九十九里海っ子ねぎ』通販

千葉県山武郡横芝光町の『九十九里海っ子ねぎ』は、楽天市場では販売されていません。

販売されているのは、『山武緑の風(成東店・東金店・山武店・大網店)』と、千葉県および都内の一部スーパー等となっています。

上記は実店舗での販売で、通販での取り扱い店は今のところないようです。


関連記事

2019年4月9日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・『チーム滝通』の3...


2023年5月13日放送の日本テレビ系列『満天 青空レストラン』の食材は、新潟...


2019年5月28日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・丸山晶代さんは、...


2016年10月12日放送の「ナカイの窓」のテーマは、「渋谷VS原宿」です。渋...


川上裕さんは、『北川村「モネの庭」マルモッタン』の庭園管理責任者を務める庭師で...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください