芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 大分県中津江村とカメルーン代表!2002 FIFAワールドカップのドタバタ劇

大分県中津江村とカメルーン代表!2002 FIFAワールドカップのドタバタ劇


カメルーン

2022年11月21日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、2002 FIFAワールドカップ・日韓大会で本当は呼ぶつもりがなかったカメルーン代表をおもてなしするハメになった中津江村の人・ハセ(長谷俊介)さんです。

世界中の多くの人々で盛り上がるサッカーワールドカップですが、20年前の2002年に開催された日韓ワールドカップは地元開催ということで、多くの日本人で盛り上がりました。

そして、カメルーン代表のキャンプ地となったことで、それまで誰も知らなかった大分県の中津江村が一躍有名になり、「W杯(中津江村)」は『新語・流行語大賞』の年間大賞に選ばれています。

大分県中津江村がカメルーン代表のキャンプ地に立候補し、ドタバタ劇により全国的知名度を得た経緯に迫りました。

大分県中津江村とは?

中津江村は、大分県日田郡にあった小さな村です。

2005年3月22日に、同じ日田郡の前津江村、上津江村、大山町、天瀬町とともに日田市へ編入合併されて村ではなくなりましたが、2002年の日韓ワールドカップで得た知名度を活かすために、その後も「中津江村」という地名が使用されています。

大分県中津江村が日韓ワールドカップのキャンプ地に立候補した理由

大分県中津江村は、当時の人口約1360人の小さな村で、山々に囲まれ、鉄道やコンビニもない利便性の悪い立地にありました。

その中津江村が目を付けたのが、『2002 FIFAワールドカップ・日韓大会』です。

立候補すれば村の知名度が上がり、あわよくば、財政難の中、老朽化しつつある施設の改修ができると考え、当時の村長だった坂本休(さかもとやすむ)さんがワールドカップのキャンプ地に立候補しました。

全国84地区も立候補し、大分県だけでも中津江村を含めて4つの地域が立候補したため、諦め気味でしたが、まだ試合のスケジュールが確定していない2001年11月にカメルーン代表がキャンプ地に選び、最も早い公認キャンプ地になったのです。

カメルーン代表が遅刻したことで、大分県中津江村は全国的に有名になった

JAWOC(W杯日本組織委員会)とカメルーンのサッカー協会が2001年11月29日に正式調印し、2002年5月19日から10日間、カメルーン代表が中津江村でキャンプすることが決定しました。

中津江村の人々は、歓迎ムード一色で5月19日を待ちましたが、当日を過ぎても一向にカメルーン代表が訪れる気配がありません。

実は、フランスのシャルル・ド・ゴール空港でサッカー協会と選手たちがボーナス闘争を繰り広げて、日本への移動が遅れていたのです。

そのことを知らない中津江村の人々がそのまま歓迎ムードで待ち続けると、カメルーン代表選手の代わりにマスコミが殺到し、中津江村は一躍全国的知名度を得ることに。

そして、5日後の5月24日夜中3時にやっとカメルーン代表が到着し、130人の村民が出迎えました。

結果、4日間だけの滞在となりましたが、中津江村の人々はカメルーン代表と交流し、その関係は20年経った今も続いています。


関連記事

2020年12月1日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・みゆきちさんは、...


2019年3月11日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト・...


2022年7月23日放送の日本テレビ系列『満天 青空レストラン』の食材は、山梨...


2021年8月14日放送の日本テレビ系列『満天 青空レストラン』の食材は、京都...


2022年1月24日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください