芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。なお、本ページはプロモーションが含まれています。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 原千晶のプロフィール!医学部目指し6浪していた女子アナ

原千晶のプロフィール!医学部目指し6浪していた女子アナ


受験勉強

2024年3月18日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、医学部目指し6浪していた女子アナ・原千晶(ハラチアキ)さんです。

現在の女子アナの傾向として、ミスコンやミスキャンパスの出身者が多く、大学時代から華々しい生活を過ごしてきたイメージを抱く人が多いでしょう。

しかし、元地方局女子アナで、現在フリーアナウンサーとして活躍している原千晶さんは、どうしても医者になりたくて6浪したのに夢が叶わなかった暗い過去を持ち、そのことを公表して話題になっています。

フリーアナウンサー・原千晶さんの素顔と医学部受験で6浪した経緯に迫ります。

原千晶ってどんな人?

原千晶さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 原千晶(はらちあき)

【生年月日】 1988年12月18日

【出身地】 福岡県

【血液型】 O型

【身長】 161cm

【趣味】 スポーツ観戦、旅行、食べ歩き

【特技】 書道、短距離走

【中学・高校】 筑紫女学園中学校・高等学校卒業

【最終学歴】 福岡大学理学部応用数学科卒業

【事務所】 セント・フォース

原千晶さんは、元・テレビ山口の女子アナで、現在はセント・フォースに所属してフリーアナウンサーをしています。

2024年1月10日放送の『THE TIME,』で、6浪したことを告白して話題になりました。

原千晶が医者になりたくて6浪し、結果、女子アナになった経緯

原千晶さんは、父親が医師、母親は歯科医師の家庭に長女として生まれたことに加え、高校3年生の11月頃に友人のお兄さんが医学部に合格したと聞いて、「自分も医学部に進学して医師になりたい!」と思いました。

当時、偏差値61~69の筑紫女学園高校に通っていたものの、勉強せずに高校生活を満喫していたので、当然、模試はE判定で、唯一受けた福岡県内の私立大学医学部の受験結果は不合格です。

こうして浪人生活を始めた原千晶さんですが、「いつか受かるだろう」と甘い考えでいたものの、同じように多浪受験している人たちが3、4年で合格する中、全く合格することなく、高校時代の先生にも医学部進学を諦めるように促されました。

この時、普通の大学に進学した高校時代の同級生たちが社会人になったり、結婚したことで焦りましたし、多浪していることで就職できるか心配になりましたが、どうしても医者になりたい気持ちや、今まで費やしてきた勉強時間を無駄にはできず、そのまま医学部受験を続けます。

それでも、6浪時に別の道を真剣に考え、医学部の他に初めて福岡大学理学部応用数学科を受験し、医師の道を諦めて福岡大学に進学しました。

24歳で大学1年生になった原千晶さんですが、母親の勧めで神社をPRする『ふく娘』の役に応募して合格し、さらに、『宝くじの女神』というキャンペーンにも応募して合格したことでアナウンサーに憧れるようになり、アナウンスの勉強をしていないにもかかわらず、テレビ山口に女子アナウンサーとして採用されたのです。

2023年9月にテレビ山口を退社し、同年10月からはセント・フォース所属のフリーアナウンサーとして活躍しています。

【同日放送】 中野なかるてぃん!塾にも行かず進研ゼミの教材だけで一橋大学に合格


関連記事

田名網敬一さんは、グラフィックやイラスト、アニメーション、音楽、ファッションと...


2023年5月30日のTBS『マツコの知らない世界』のゲストである田中栞さんは...


金子美明さんは、東京・自由が丘にある行列のできる菓子店『パティスリー パリセヴ...


ヨシタケシンスケさんは、出せば必ず大ヒットする超人気絵本作家です。子供から大人...


2022年9月13日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・坂上あきさんは、...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください