芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » ミスター・トーフ、雲田康夫のプロフィール!豆腐をアメリカに広めた男

ミスター・トーフ、雲田康夫のプロフィール!豆腐をアメリカに広めた男


豆腐

2021年2月22日放送のNHK総合1『逆転人生』のゲストは、豆腐をアメリカに広めた男・雲田康夫(くもだやすお)さんです。

和食・日本食は、「美味しい・ヘルシー・低カロリー」ということで、今や世界中で大人気となっています。

その和食の食材とひとつである豆腐は、アメリカでも健康食品として知られており、、レディー・ガガさんやポール・マッカートニーさんも大好きなのですが、以前はそうではありませんでした。

変なにおいがする不気味な食べ物として、豆腐はアメリカ人が一番嫌いな食べ物だったのです。

そんな嫌われものの豆腐を、アメリカ人の大好物に変えた雲田康夫さんの素顔に迫ります。

雲田康夫ってどんな人?

雲田康夫さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 雲田康夫(くもだやすお)

【生年月日】 1941年5月23日

【出身地】 樺太

【高校】 北海道足寄高等学校卒業

【最終学歴】 青山学院大学法学部卒業

【職業】 中京大学客員教授、日本食文化振興協会理事長

雲田康夫さんは、地元の北海道足寄高校卒業後に上京して青山学院大学法学部で学び、大学卒業後の1966年に森永乳業株式会社に入社しました。

しかし、スーパーマーケットが台頭したことにより、同社の牛乳が売れなくなってしまいます。

そこで、健康ブームが到来していたアメリカで市場を開拓するために、1985年に単身で渡米し、現地法人を設立して社長に就任したのです。

ところが、当時のアメリカ人は豆腐に対して、「家畜のエサ」「変なにおいがする」と良いイメージを持っておらず、全く受け入れられませんでした。

何とかしようと努力すれど報われず、会社を畳もうか迷っていたある日、食料品店で年配のアメリカ人女性が豆腐をカゴに入れている姿を見て尋ねると、「シェイクにする」と教えられます。

雲田康夫さんは、それまで固形の豆腐を売ろうとしていましたが、この女性からのアドバイスをヒントに、フルーツと豆腐で作る「トウフシェイク」を開発し、多くのアメリカ人に受け入れられるようになりました。

さらに、車に乗っている時に、ラジオでヒラリー・クリントンさんが「ビルはジャンクフードが大好きで高血圧なので、豆腐を食べさせたい」と言っているのを聴きます。

すると、ニューヨークタイムズやワシントンポストで「Tofu」が記事として扱われ、豆腐の注文が殺到したのでした。

こうして、豆腐はアメリカに根付き、雲田康夫さんは「ミスター・トーフ」と呼ばれるようになったのです。


関連記事

2020年9月15日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・阿部花映さんは、...


2016年9月26日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャ...


2017年8月24日の『アメトーーク!』は、『美容ファースト芸人』です。美を追...


2018年9月18日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト越前谷典生さんは、...


2019年2月12日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、「ラッピン...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください