芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 高橋昌太郎、さにー 昭和ポップスマニアのプロフィール

高橋昌太郎、さにー 昭和ポップスマニアのプロフィール


レコード

2020年4月21日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、「昭和ポップスの世界」です。

昭和時代の家庭の娯楽と言えばテレビであり、多くの歌手・アイドルが歌番組等で名曲を披露して視聴者を楽しませました。

そのため、昭和生まれの人は、昭和時代の音楽を聴いて懐かしく思うことでしょう。

しかし、今回、昭和ポップスの魅力を伝えるのは、平成生まれの高橋昌太郎さんとさにーさんです。

昭和ポップスに魅了され、その魅力を伝えている高橋昌太郎さんとさにーさんの素顔に迫ります。



高橋昌太郎ってどんな人?

高橋昌太郎さんのプロフィールは、次のとおりです。

この投稿をInstagramで見る

高橋昌太郎@the reverblue project(@thereverblueproject)がシェアした投稿

【名前】 高橋昌太郎(たかはししょうたろう)

【生年月日】 1991年(2020年4月時点で28歳)

【出身地】 埼玉県寄居町

【趣味・特技】 昭和ポップスを聴くこと、卓球

【職業】 中山競馬場勤務、ソングライターデュオ『the reverblue project』

高橋昌太郎さんは、元ギタリスト・作曲家である高橋昌弘さんの息子で、父親の影響を受けて音楽に目覚めました。

母親も、マザー牧場の有名なCMソングを一度歌ったことがあります。

そして、現在は、室井庸之(むろいのぶゆき)さんとソングライターデュオ『the reverblue project』を結成して音楽活動をしていますが、それでは食えないので、中山競馬場勤務です。

音道あいり Halfway Through(Audio)

【Vocal & Piano】 音道あいり
【Bass】 室井庸之
【Guitar】 高橋昌太郎

そして、昭和ポップスにも目覚め、昭和ポップスの研究もしています。



さにーってどんな人?

さにーさんのプロフィールは、次のとおりです。

【ニックネーム】 さにー

【生年月日】 1992年(2020年4月時点で27歳)

【出身地】 岩手県滝沢市

【趣味・特技】 昭和ポップスを聴くこと

【職業】 Webデザイナー、ウェブサイト『昭和ポップスの世界』の運営

平成生まれのさにーさんは、中学生の時に尾崎豊さんにハマり、高校生の時には徳永英明さんにハマりましたが、自分が昭和ポップス好きであることを自覚していませんでした。

しかし、21歳の時にYouTubeで中森明菜さんの『十戒』を観て衝撃を受け、昭和ポップスに目覚めたのです。

その後、沢田研二(ジュリー)さん、光GENJI、西城秀樹さんなど、さまざまな昭和スターの曲を聴くようになると、『昭和ポップスの世界』というウェブサイトを開設しました。

『マツコの知らない世界』のテーマ名と同じですね。

現在は、ウェブ制作やライティングの仕事をしながら、『昭和ポップスの世界』でその魅力を伝えています。


関連記事

2017年7月2日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』は、ジョイマン...


2017年5月2日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト引田天功さんは、世界...


2020年1月14日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、ひきこも...


2017年5月9日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト河内宏仁さんは、日本...


2017年1月17日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト楠田枝里子さんは、...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください