芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » イッテQ!宮川大輔がポルチーニ祭りにリベンジ

イッテQ!宮川大輔がポルチーニ祭りにリベンジ


ポルチーニ

2017年12月3日放送の日本テレビ系列『世界の果てまでイッテQ!』は、『世界で一番盛り上がるのは何祭り in イタリア』です。

お祭り男・宮川大輔さんが、ポルチーニ祭りに参加しました。

宮川大輔さんは、2016年10月23日放送回でもポルチーニ祭りに参加しているため、これが2回目の参加となります。

ただし、去年は天候が悪くてポルチーニが不作であり、宮川大輔さんはひとつもポルチーニを採ることができなかったので、リベンジの意味合いもあるのです。

お祭り男として、連続しての収穫ゼロは許されません。

ポルチーニ祭りとは?

ポルチーニとは、「西洋のマツタケ」と呼ばれることもあるように、豊かな香りと深い味わいが人気のキノコです。

世界各地で自生しており、日本で自生しているポルチーニは、「ヤマドリタケ」と呼ばれています。

このポルチーニは、主にヨーロッパで親しまれているキノコであり、その中でもよく採れるイタリアのエミリア・ロマーニャ州のチェッレートで行われているのが、ポルチーニ祭りです。

正式名を『ポルチーニ国際選手権』と言い、500人以上が山に入ってポルチーニを探します。

ルールは簡単で、山でポルチーニを採って4時間以内に戻り、「大きさ・量・形の良さ」の3部門で競い合うだけです。

ただし、参加者が多いので、優勝どころか、上位に食い込むことも簡単ではありません。

宮川大輔のポルチーニ祭りリベンジの結果

去年は、「ノーポルチーニ」の連続でしたが、今年は打って変わって、大豊作でした。

前日の練習から「化けチーニ」「軸太チーニ」と、大きなポルチーニを採って、その香りを嗅ぎ大満足。

そして、大会は世界各国から720人が参加してスタートします。

最初は採れなかったものの、一度見つけてからは次々と収穫し、結果は928gで、量部門において720人中21位となりました。

上位表彰とはなりませんでしたが、友達賞を受賞しています。

前年の量部門チャンピオンに付いて撮影していたAP中附ですが、1時間30分経っても採れていなかったのに、「秘密の場所に行くから付いてこないでくれ」と言われ、一足早くゴール地点に戻りました。

しかし、ポルチーニでネットをパンパンにしてゴールした前チャンピオンを見て疑うことに。

全ての人が疑う状況でしたが、仕方ないですね。


関連記事

辻本知彦さんは、日本が誇る世界トップレベルのプロダンサーです。振付師としても高...


2018年5月2日放送の『ナカイの窓』は、『法廷』です。元裁判官・元検事・弁護...


2020年12月7日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト・...


2016年11月3日の「アメトーーク!」は、「ひんしゅく体験!ナダル・アンビリ...


2018年4月8日の『日曜もアメトーーク!』は、『芸能界アイドルファンクラブ』...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください