芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 赤井勝の経歴・作品!エミフラワーで注文やレッスン可能

赤井勝の経歴・作品!エミフラワーで注文やレッスン可能


2019年4月7日放送のTBS系列『情熱大陸』は、フラワーデザイナーの赤井勝(あかいまさる)さんです。

フラワーデザイナーとは、人が集まる場所に花で装飾したり、ブーケやコサージュの制作をするなど、花で飾ることを職業にする人のことを指します。

一応、『公益社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)』が認定している資格はありますが、取得してもそれでフラワーデザインの仕事にありつけるわけではないことは言うまでもないでしょう。

しかし、赤井勝さんは、この厳しい実力世界で結果を残し、日本を代表するフラワーデザイナーになりました。

フラワーデザインの世界で才能を発揮している赤井勝さんの経歴や作品、エミフラワーなどに迫ります。



赤井勝ってどんな人?

赤井勝さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 赤井勝(あかいまさる)

【生年月日】 1965年

【出身地】 大阪府

【趣味】 花を活けること、ジョギング

【職業】 フラワーデザイナー

赤井勝さんは、両祖父母が花作り農家で、両親が花屋を経営していたため、子供の頃から自然と花を使って遊んでいました。

その後、野球少年となり、中学卒業後は甲子園を目指して野球の強豪校に進学しますが、挫折して中退します。

そして、就職したのが叔父が経営する花屋でした。

この花屋で修行を積んだ赤井勝さんは、21歳で独立すると、日本の「華道」と西洋の「フラワーアレンジメント」を融合させた斬新なデザインが国内外で話題となり、各国大使館や北海道洞爺湖サミットのフラワーアレンジメントを担当します。

さらに、ローマ法王ベネディクト16世にブーケを献上し、世界的なフラワーデザイナーとなりました。

ちなみに、赤井勝さんは「花になりたい」と思っており、まつ毛のエクステンションをして妻・弘美さんに怒られたことがありますが、自らフラワーデザイナーではなく「花人(かじん)」と名乗り、華道やフラワーデザインではなく「装花(そうか)」と呼び、一般的なフラワーデザイナーとは区別しています。



赤井勝の作品

赤井勝さんの作品は、インスタグラムなど見ることが可能です。

View this post on Instagram

赤井勝さん(@akaimasaru)がシェアした投稿

View this post on Instagram

赤井勝さん(@akaimasaru)がシェアした投稿

もっと見たい方は、インスタグラムをご覧ください。

赤井勝のお店『エミフラワー』

赤井勝さんは、『エミフラワー』というお店を経営しており、注文やレッスン受講が可能です。

エミフラワー大坂

店名emi flower OSAKA
住所大阪府大阪市北区堂島1-1-20 1F
電話06-6345-0770
営業時間12:00~22:00
定休日土・日・祝

エミフラワー東京

店名emi flower TOKYO
住所東京都中央区銀座8-5-9 1F
電話03-6264-5087
営業時間14:00~24:00
定休日土・日・祝

フラワーアレンジメントの注文とレッスン受講の予約は、『エミフラワー』のサイトからできます。

お問い合わせフォームからしてください。


関連記事

2018年10月15日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト...


2017年11月1日放送の『ナカイの窓』は、『スー女 VS プ女子SP』です。...


2018年3月5日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、...


2016年9月26日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャ...


2017年1月29日の「日曜もアメトーーク!」は、「初の木曜日曜連動企画!鉄道...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください