芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 強口邦雄、会社社長兼カレンダー収集家!マツコの知らない世界

強口邦雄、会社社長兼カレンダー収集家!マツコの知らない世界


カレンダー

2016年10月25日放送のTBS「マツコの知らない世界」のテーマは、「カレンダーの世界」です。

世界中から約600種類のカレンダーを収集した強口邦雄さんが、カレンダーの魅力を紹介し、コレクションの中から昔の貴重なカレンダーを公開します。

また、売れ筋のカレンダーを紹介するので、これを見て、カレンダーを選ぶ参考にしてはいかがでしょうか?



強口邦雄ってどんな人?

強口邦雄さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 強口邦雄(こわぐちくにお)

【年齢】 1951年

【出身地】 東京都練馬区

【住所】 神奈川県横浜市

【趣味】 スキー、シュノーケリング、旅行、映画鑑賞、絵画鑑賞

【最終学歴】 慶應義塾大学

【職業】 (株)トーダンのCEO

ただのカレンダーコレクターではなく、会社社長なんですね。

しかも、この (株)トーダンという会社は、創業100年を超える歴史ある企業であり、カレンダーを作っているので、職業がそのまま趣味になったと言えます。

それはそうですよね。

カレンダーはその年を過ぎれば使い道はなくただの紙屑ですから、基本的に価値はなくなります。

希少性の高い昔のアイドルのカレンダーなら買い取りもありますが、それでもそんなに高くありません。

したがって、余程カレンダーが好きでなければ集めることはなく、強口邦雄さんは職業で好きだったからカレンダーを収集しているのでしょう。



注目のカレンダー

紙で出来た壁掛けカレンダーや卓上カレンダー、日めくりなどが一般的ですが、次のようにカレンダーも進化しています。

ホワイトボードカレンダー

書いては消せるホワイトボード仕様になっており、書き込むスペースも広いので、ご家庭のリビングや職場でのご利用がおすすめです。

もちろん、イレーザー付きマーカーも付属しています。

ロフトのカレンダー部門で、11年連続売り上げ第1位の人気商品です。

スクラッチカレンダー

一見、黒地に白文字のシンプルなカレンダーですが、付属の竹串で表面を削ると文字や絵を描けます。

削った部分はレインボーカラーになっているので、書き込むほどポップなイメージになるでしょう。

お部屋のアクセントとしておすすめです。

このように、カレンダーも様々なタイプがあるので、どれにしようか悩みますね。

1年間使い続ける物だけに、買ったことを満足できるカレンダーを選んでください。

【同日放送】 竹本道子、2時間サスペンス大好き主婦!マツコの知らない世界


関連記事

2017年6月16日放送の『金曜ロンドンハーツ』は、『どっちが女性に嫌われてる...


2018年3月13日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト工藤詩織さんは、幼...


2017年9月24日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』は、亀田史郎・...


徳島県にある『岳人の森』は、山歩きして山岳植物を見たり、キャンプ場や小屋に宿泊...


2018年6月5日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト鈴木隆祐さんは、日本...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください