芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 佐藤智彦 盆踊りマニア!好きな盆踊りと踊り場は?

佐藤智彦 盆踊りマニア!好きな盆踊りと踊り場は?


tomohikosさん(@tomohikos)がシェアした投稿

2018年8月14日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、『盆踊りの世界』です。

盆踊りは、お盆の時期に死者を供養するための踊りであり、一説には、平安時代中期に流行った空也上人の踊念仏が起源とされています。

今でも、夜の夏祭りで盆踊りをしているところもあるため、人生で一度は、盆踊りを観たり、盆踊りを踊ったことがある人は多いでしょう。

盆踊りの音楽を聴いただけでも、夏祭りを実感できますね。

ちょうど盆踊りシーズンということで、ゲストの佐藤智彦さんが、盆踊りの基礎知識や、全国各地のオススメ盆踊りを紹介してくれました。

マツコ・デラックスさんは、「普通にショーだったわ!」「盆踊り面白いわ!」と、盆踊りの魅力を感じています。

そして、スタジオに集まった盆オドラーの名人たちと共に、マツコさんも盆踊りを踊りました。



佐藤智彦ってどんな人?

佐藤智彦さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 佐藤智彦(さとうともひこ)

【年齢】 46歳(2018年8月時点)

【趣味】 和のある暮らし、盆踊り、映画、料理、大食、大酒

【特技】 盆踊り

【職業】 企業PR、コンサルティング、ライター

佐藤智彦さんは、13歳の時、盆踊り好きな母と姉に対して反抗心を抱き、盆踊りが嫌いでした。

しかし、38歳の時、友人に誘われて築地本願寺の盆踊りに行き、ドハマりしたのです。

その後、インテリア雑貨やキッチンウェアの販売・店舗運営・マーケティングの仕事を辞め、2010年に独立し、企業PR・コンサルティング・ライターの仕事を行うようになりました。

そして、時間の融通が利く状態になったことで、盆踊りシーズンの6月から9月まで、都内と岐阜県郡上八幡を往復する生活を続け、今では、毎年100ヶ所以上の盆踊りに参加し続けています。

多い時は、1日に10ヶ所くらい、ハシゴすることもあるそうです。

自らのサイトやSNSで、盆踊りの魅力を伝えており、世界一の盆踊りキュレーターを言って過言ではありません。



佐藤智彦おすすめの盆オドラー

佐藤智彦さんがおすすめする全国の盆オドラーは、次のとおりです。

  • いちゃん・みっちゃん(岐阜県、郡上踊り)
  • 酔登虎亭九鼠、とび喜代(大阪府、河内音頭)
  • つぐみくん(東京都、東京五輪音頭)
  • 坂東菊太郎(東京都亀有)

佐藤智彦おすすめの盆踊り・踊り場

佐藤智彦さんが大好きな盆踊りと踊り場は、次のとおりです。

大江戸助六音頭(築地本願寺)

郡上踊り(岐阜県郡上市八幡町)

白鳥おどり(岐阜県郡上市白鳥町)

盆踊りの音楽だけで、夏祭りをイメージし、ワクワクしますね。

地元の夏祭りで盆踊りをやっていたら、参加してみてはいかがでしょうか?

【同日放送】 立川伸明 花火専門店『はなびかん』3代目!おすすめ花火と通販


関連記事

2016年11月29日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト平岡佐智男さんは...


2017年5月5日放送、テレビ朝日「関ジャニ8のTheモーツァルト音楽王No....


2017年6月20日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト竹下栄吾さんは、冷...


2017年3月29日放送の「ナカイの窓」は、「セ・リーグを語ろうSP」です。3...


2018年1月28日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 2時間スペシャ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください