芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 雪国アボカドの通販・値段は?関根邦仁は元ヴィジュアル系バンドOZ

雪国アボカドの通販・値段は?関根邦仁は元ヴィジュアル系バンドOZ


アボカド

2020年11月17日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、「国産アボカドの世界」です。

アボカドとは、中央アメリカが原産の果実であり、良質の不飽和脂肪酸を多く含んでいることから「森のバター」と呼ばれています。

日本に入って来てからあまり経過していませんが、今では普通にスーパーでも購入できる果実となりました。

暖かい気候で育つ植物で、低温には弱いため、市販のアボカドのほとんどは海外から輸入されたものですが、今では少ないながらも日本でも栽培されるようになっています。

関根邦仁(せきねくにひと)さんはアボカド農家のひとりであり、新潟市の『せきね農園』9代目として「雪国アボカド」というオリジナルブランドのアボカドを栽培し、販売している男性です。

そんな関根邦仁さんが出演し、「国産アボカドの魅力」や「意外な食べ方」「究極のアボカド料理」を教えてくれました。



関根邦仁ってどんな人?

関根邦仁さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 関根邦仁(せきねくにひと)

【生年月日】 1月1日

【出身地】 新潟県新潟市

【趣味・特技】 歌うこと、音楽

【高校】 ※非公表

【事務所】 『せきね農園』の経営者

関根邦仁さんは、元ヴィジュアル系バンド『OZ(オズ)』のボーカル・Natsukiとして、2004年~2013年まで音楽活動していましたが、見切りをつけて9代目として実家の『せきね農園』を継ぎました。

『せきね農園』では、お米や桃、ひらたけを栽培していましたが、「誰も食べたことのない国産アボカドを作りたい!」と思い、ビニールハウスでアボカド栽培を始めます。

そして、苦労の末に3年かけてアボカド栽培に成功し、現在では40種類以上のアボカドを栽培しています。



『せきね農園』の場所・アボカドの通販と値段

関根邦仁さんが経営している『せきね農園』の詳細情報は、次のとおりです。

名称せきね農園
住所新潟県新潟市南区東萱場571
電話090-2314-5292

『せきね農園』では、寒暖差を利用して美味しいアボカドを約40種類栽培しており、「雪国アボカド」と名付けています。

販売期間は9月上旬~2月頃までです。

通販を利用したい方は、『せきね農園』のサイトから購入できます。

値段は、アボカド3、4玉入りで約5,000円~約7,000円です。

【同日放送】 ロケ地巡礼愛好家 升村丞・武内延仁のプロフィール!全国ロケ地ガイド


関連記事

2016年12月13日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト冨田明宏さんは、...


2020年11月10日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・ギャニオン夫妻...


2020年10月12日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト...


2017年3月2日の「アメトーーク!」は、「LOVEガラケー芸人」です。スマホ...


生物ライターの平坂寛さんは、ダレトクで人気の「キモうまグルメ」の企画で、芸能人...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください