芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 1億円の預金通帳を拾った人・タシロ!お礼金(報労金)はどうしたか?

1億円の預金通帳を拾った人・タシロ!お礼金(報労金)はどうしたか?


預金通帳

2021年11月29日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、1億円の預金通帳を拾ったタシロさんです。

多くの人が、人生で一度は「お金落ちてないかなぁ」と思ったことがあるのではないでしょうか?

たまに、「ゴミの中から大金が見つかった」というニュースが報道されますが、実際、落ちている大金を見つけることなんてほぼありません。

しかし、タシロさんは、キャッシュカードと暗証番号が書いてある付箋の付いた残高1億円の預金通帳を拾い、交番に届けたのです。

凄い経験をしたタシロさんのお礼金(報労金)の行方に迫ります。

タシロのお礼金(報労金)の行方

【速報】通帳を拾ったら残高1億円、キャッシュカード・暗証番号の付箋付きだったので震えながら交番に届けてきました。 pic.twitter.com/aSBLZNVKie

— Tasshi of Satsuma🥷 (@tasshi820) September 22, 2021

2021年9月、タシロさんは仕事帰りに人通りが多い横断歩道の真ん中で「キャッシュカード」「暗証番号が書いてある付箋」「残高1億円の預金通帳」を拾い、すぐに交番に届け出ました。

「拾得物は拾った日から7日以内に警察署等に提出しないと拾得者の権利を失う」と定められており、7日以内に届け出て3ヶ月間遺失者が見つからなかった場合は、拾得者がその物を受け取ることが可能です。

また、3ヶ月以内に遺失者が見つかった場合でも、拾得者は落とし物の価値の5%から20%(施設の場合は折半して2.5%から10%)の謝礼を受け取ることができます。

ここで問題となるのが、預金通帳に価値があるか否かということでしょう。

多くの人が「ただの紙でしょう。お礼金(報労金)をもらえるわけない」と思うはずですが、過去の判例では、残高800万円の通帳と印鑑を拾った人が訴えを起こし、30万円の謝礼を得たことがありました。

したがって、残高1億円の預金通帳を拾ったタシロさんもそれなりの額(500~2500万円?)をもらえたはずです。

しかし、警察官からお礼金のことを告げられたタシロさんは、「(お礼金を)普通、主張しますか?」と尋ねると、警察官に「普通しないです」と返され、悩んだ末にお礼金(報労金)を受け取る権利を放棄しました。

それでも、落とし主が見つかった場合にせめてお礼を言ってもらいたいと思い、落とし主に連絡先を教えるようにお願いしましたが、いまだに連絡はありません。

【同日放送】 オタクボクサー・井上浩樹のプロフィール!アニメ好きになった経緯


関連記事

2016年11月11日放送の「金曜ロンドンハーツ」は、売れていない芸能人の親が...


2017年8月1日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト郡司政男さんは、ギネ...


2019年9月3日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・カニカマハナコさん...


フジテレビ系列「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「査定買うシリーズ」は、...


おかずクラブ・オカリナさんは、消極的な性格もあり、恋愛とは程遠い人生を歩んでき...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください