芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » サントラブラザースとは?鶴谷聡平、山崎真央、渡辺克己のプロフィール

サントラブラザースとは?鶴谷聡平、山崎真央、渡辺克己のプロフィール


レコード

2022年12月6日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、「映画音楽の世界」です。

好きが高じて1万5000枚のレコードを集めたDJ3人組『サントラブラザース』の鶴谷聡平(つるたにそうへい)さん、山崎真央(やまざきまお)さん、渡辺克己(わたなべかつみ)さんが、この冬観たい映画を音楽面から紹介してくれました。

『E.T.』『トップガン』『ダンサーインザダーク』『ピンクパンサー』『アルマゲドン』『AKIRA』といった名作映画の音楽についても解説してくれているので、その解説を聞いてから改めて映画を見直すと、また違った楽しみ方ができるかもしれません。

サントラブラザースとは?

サントラブラザースとは、都内のクラブなどを中心に活動しているDJ3人組のことです。

この投稿をInstagramで見る

Soundtrack Brothers(@soundtrack_brothers)がシェアした投稿

向かって左から、次男・山崎真央さん、長男・鶴谷聡平さん、三男・渡辺克己さんという設定になっています。

長男の鶴谷聡平さんは早稲田大学出身で、レコード会社『BMG Japan』を経て、現在はベジレストラン&ワインバー『NEWPOR』の店主をしていますが、サントラブラザースの一員として音楽活動もしています。

クオリティーが高くて安い中古レコードを収集し、2015年に同じ趣味を持つ仲間と80年代映画のサントラの話で盛り上がると、2016年に『80’sサントラナイト』を開催しました。

この『80’sサントラナイト』で山崎真央さん、渡辺克己さんと盛り上がり、サントラブラザースを結成するに至っています。

次男・山崎真央さんは1971年生まれで、20歳から都内のクラブでDJとして活動を始めると、その後、レコード店勤務やミュージシャンのアルバム制作ディレクターを経て、現在は音楽ディレクター兼プロデューサーとして活躍中です。

鶴谷聡平さんが開催した『80’sサントラナイト』で80年代映画のサントラにハマり、サントラのレコードを収集し始めました。

三男・渡辺克己さんは、1990年代に登場したCDの影響でレコードが安くなったことをきっかけにレコードを買い漁るようになり、映画のサントラも好きになって、DJとして映画のサントラをかけるようになりました。


関連記事

2017年5月16日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト大山烈さんは、日本...


2021年4月12日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト・...


2017年8月22日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト宮嶋康彦さんは、天...


2020年1月14日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・野口僚さんは、接...


2017年8月29日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト髙橋芳文さんは、巨...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください