芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 中村元・水族館プロデューサーがマツコにオススメ水族館を紹介

中村元・水族館プロデューサーがマツコにオススメ水族館を紹介


2017年5月30日放送のTBS「マツコの知らない世界」のテーマは、「水族館の世界」です。

家族連れでにぎわい、デートスポットとしても人気の水族館。

昔は、魚介類をただ水槽に入れているだけの展示方法が一般的でしたが、現在は、それぞれの水族館がオリジナルな展示方法を採用し、その場所その場所でしか見られない景色が広がっています。

中村元さんは、水族館プロデューサーとして、数々の水族館を手掛けてきたプロなのです。

その中村元さんが、マツコ・デラックスさんに、全国100館以上の中から厳選したオススメの水族館を紹介しました。



中村元ってどんな人?

中村元さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 中村元(なかむらはじめ)

【生年月日】 1956年

【出身地】 三重県松阪市(旧・嬉野町)

【居住地】 東京都杉並区

【趣味】 美術館

【高校】 宇治山田高等学校卒業

【最終学歴】 成城大学経済学部経営学科卒業

【職業】 フリーの水族館プロデューサー

【事務所】 株式会社中村元事務所

中村元さんは、海がない三重県嬉野町で生まれました。

それでも、海と大きく関わる人生を歩むことになったのです。

地元の宇治山田高校を卒業後、上京して成城大学経済学部経営学科に進学します。

そして、大学卒業後は地元に帰り、鳥羽水族館でアシカトレーナーや企画室長などを経験し、副館長にまでなりました。

しかし、いろいろあって副館長を辞めることに。

退職後は東京へ行って、新江ノ島水族館の設立に携わり、フリーの水族館プロデューサー人生をスタートさせると、水族館に関する書籍を多数出版したり、東京コミュニケーションアート専門学校の講師になるなど、水族館関係の仕事を中心にするようになりました。

中村元さんは、現在、日本で唯一の水族館プロデューサーとして活躍中です。



中村元がプロデュースした水族館

中村元さんは、今までに次の水族館のプロデュースに携わってきました。

鳥羽水族館

名称鳥羽水族館
住所三重県鳥羽市鳥羽3-3-6
電話0599-25-2555
営業時間9:00~17:00
※7月20日~8月31日は8:30~17:30
休館日年中無休
料金【大人】 2,500円
【小人(小・中学生)】 1,250円
【幼児(3歳以上)】 630円

新江ノ島水族館

名称新江ノ島水族館
住所神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
電話0466-29-9960
営業時間【5月8日~11月30日】 9:00~17:00
【12月~2月】 10:00~17:00
休館日年中無休
料金【大人】 2,100円
【高校生】 1,500円
【中学生・小学生】 1,000円
【幼児(3歳以上)】 600円

サンシャイン水族館

名称サンシャイン水族館
住所東京都豊島区東池袋3−1 ワールドインポートマートビル
電話03-3989-3466
営業時間【4月1日~10月31日】 10:00~20:00
【11月1日~3月31日】 10:00~18:00
休館日年中無休
料金【大人(高校生以上)】 2,000円
【こども(小・中学生)】 1,000円
【幼児(4才以上)】 700円
【シニア(65才以上)】 1,700円

山の水族館 北の大地の水族館

名称山の水族館 北の大地の水族館
住所北海道北見市留辺蘂町松山1番地4
電話0157-45-2223
営業時間【夏季】 8:30~17:00
【冬季】 9:00~16:30
休館日【夏季】 4月8日~4月14日
【冬季】 12月26日~1月1日
料金【一般】 670円
【中学生】 440円
【小学生】 300円

【同日放送】 米原康正・中国NO1チェキカメラマンがマツコと撮影


関連記事

2018年9月11日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト杉原正博さんは、輪...


2017年5月4日の「アメトーーク!」は、「アンジャッシュ大好き芸人」です。5...


2018年7月9日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト田村...


2016年11月30日放送のフジテレビ系列「モシモノふたり」は、熊切あさ美さん...


2017年12月28日放送のTBS『人生逆転バトル カイジ』に、借金で苦しんで...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください