芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » ナカイの窓X鉄道!車両デザイナー・横川浩大のプロフィール

ナカイの窓X鉄道!車両デザイナー・横川浩大のプロフィール


都営地下鉄浅草線

2018年10月17日放送の『ナカイの窓』のテーマは、「鉄道」です。

『総合車両製作所』に円卓を持ち込み、鉄道好きな芸能人3人と鉄道関係の仕事に就いている2人から、鉄道の魅力を聞きました。

鉄道は、テレビ番組でもよく放送される企画ですが、熱狂的な鉄道ファンは多いので、今回も盛り上がること間違いありません。

特に、東京都交通局職員と車両デザイナーから聞ける話は必見です。



『ナカイの窓X鉄道』のゲスト出演者

『ナカイの窓X鉄道』には、次の5人がゲスト出演しました。

生年月日 / 出身地 / 事務所・会社の順です。

市川紗椰(いちかわさや)
1987年2月14日 / 愛知県名古屋市 / デンゲン トーキョーエンターテインメント
市川紗椰さんは、音鉄で、自ら動画撮影もしている根っからの鉄道ファンです。『タモリ倶楽部』など、鉄道企画のテレビ番組によく出演する存在で、朝日新聞出版『旅と鉄道』には連載を持っています。
佐藤浩
– / – / 東京都交通局の職員
佐藤浩さんは、都営地下鉄や都営バスを運営する『東京都交通局』に勤めており、『交通局 総務部 安全対策推進課』に所属し、『運輸安全マネジメント推進担当 統括課長代理』のポジションに就いています。
RAG FAIR・土屋礼央(つちやれお)
1976年9月1日 / 東京都国分寺市 / ワタナベエンターテインメント
土屋礼央さんは、アカペラグループ『RAG FAIR』に所属しながら、シンガーソングライターとしてソロ活動もしています。その一方で、鉄道が大好きで、自ら『タモリ倶楽部』に出演希望のハガキを何度か出しました。その甲斐もあり、今では『タモリ電車クラブ』の正式メンバーです。
西村和彦(にしむらかずひこ)
1966年8月21日 / 京都府京都市伏見区 / ソニー・ミュージックアーティスツ
西村和彦さんは、俳優界一の鉄道ファンと言っても過言ではないくらいの存在で、電車に乗るバラエティー番組にも、何度か出演しています。
横川浩大(よこかわこうた)
– / 神奈川県横浜市 / 車両デザイナー
横川浩大さんは、拓殖大学大学院でデザインを学んだ後、2005年4月に『株式会社 総合車両製作所(J-TREC)』入社しました。この会社は、JR東日本の完全子会社の鉄道車両メーカーです。横川浩大さんは、車両デザイナーとして活躍しており、電車の内装・外装の他、パンフレットのデザインも手掛けています。日本に数十人しかいない車両デザイナーの一人ということを考えれば、横川浩大さんがどれだけ優れた車両デザイナーであるか分かるでしょう。

【MC】 中居正広
【ゲストMC】 山里亮太(南海キャンディーズ)
【ゲスト】 髙橋ひかる



『ナカイの窓X鉄道』の内容

『ナカイの窓X鉄道』は、次の内容で放送されました。

  • RAG FAIR土屋礼央、京王線の企業努力に魅力を感じ、株主になった
  • 市川紗椰、自分で撮ったお気に入りの鉄道動画披露!
  • 西村和彦、米原駅に停車している新幹線500系を見るために、下りの時は左の窓側の席に座る
  • 車両デザイナー・横川浩大、浅草5500系の全てのデザインを担当した
  • 東京都交通局職員・佐藤浩、車両は1両1億円~1億5000万円!
  • 佐藤浩、実際のダイヤは秒刻みになっている
  • 都営地下鉄の総合指令所にカメラが潜入!
  • 『総合車両製作所』で車両製造工程を見学!ゲスト興奮!
  • 「浅草線の車両に座席を取り付ける作業」と「中央線新型特急車両のFRP取り付け作業」を経験する

関連記事

杉本真樹さんは、医療分野に最先端技術を導入し、国内外から注目されている外科医で...


2016年12月8日の「アメトーーク!」は、「もっとやれるはずだったのに・・・...


2016年11月30日放送の「ナカイの窓」のテーマは、「チャンピオンなのにSP...


2017年1月4日放送の「ナカイの窓」のテーマは、「美のカリスマSP」です。美...


2018年3月14日放送の『ナカイの窓』は、『ダイエットに成功した人SP』です...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください