芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 福島和彦、養殖クロマグロ『だてまぐろ』を生産!通販は?

福島和彦、養殖クロマグロ『だてまぐろ』を生産!通販は?


クロマグロ

2021年9月14日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、愛媛県宇和島市日振島で養殖クロマグロ『だてまぐろ』を生産している福島和彦(ふくしまかずひこ)さんです。

クロマグロ(本まぐろ)は「海のダイヤモンド」と呼ばれ、天然ものは一尾数百万円~数千万円で取り引きされることも珍しくありません。

このクロマグロは養殖が難しい魚として知られいますが、長年に渡り試行錯誤された結果、近畿大学がクロマグロの完全養殖に成功し、「近大マグロ」のブランド名を付けて流通させています。

そして、福島和彦さんもクロマグロの養殖に成功し、「だてまぐろ」のブランド名で流通させているのです。

福島和彦さんの素顔と、養殖クロマグロ『だてまぐろ』に迫ります。

福島和彦ってどんな人?

福島和彦さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 福島和彦(ふくしまかずひこ)

【年齢】 55歳(2021年9月時点)

【出身地】 愛媛県宇和島市日振島

【高校】 宇和島水産高等学校漁業科卒業

【職業】 養殖クロマグロ『だてまぐろ』の生産

福島和彦さんが生まれ育った愛媛県宇和島市日振島(ひぶりしま)は、平安時代の海賊である藤原純友が拠点とした島とされており、多くの魚が生息しているので漁業が盛んです。

福島和彦さんは当然のように幼い頃に魚好きになると、宇和島水産高校漁業科に通って魚の研究をし続けました。

そして、高校卒業後に鯛やブリの養殖に携わり、2006年に始まった『マグロ養殖プロジェクト』に参加して、養殖クロマグロ『だてまぐろ』の生産に成功したのです。

『だてまぐろ』は赤身とトロのバランスが抜群で、天然本まぐろにも美味しさで負けておらず、日本国内の他、アメリカにも出荷されています。

福島和彦さんは、2020年に脳出血で倒れて左半身に麻痺が残っていますが、それでも「世界一のマグロを作る」という目標を達成するために第一線で活躍中です。

福島和彦プロデュース『フィッシュガール』

この投稿をInstagramで見る

フィッシュガール(@fishgirl_suiken)がシェアした投稿

福島和彦さんは、養殖クロマグロ『だてまぐろ』を宣伝するために、愛媛県立宇和島高等学校水産食品科の水産食品研究部に所属する女子生徒たちで『フィッシュガール』を結成しました。

マグロ解体ショーなどで活躍中です。

養殖クロマグロ『伊達マグロ』の通販

福島和彦さんが生産している養殖クロマグロ『伊達マグロ』は、通販でも購入できます。

一番購入が簡単なのが楽天市場です。

養殖クロマグロ『伊達マグロ』の美味しさを、ぜひ、ご堪能ください。


関連記事

2016年11月30日放送の「ナカイの窓」のテーマは、「チャンピオンなのにSP...


2017年8月8日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト牛窪真太郎さんは、チ...


2018年9月17日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト三...


2018年6月26日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト内田元さんは、ほと...


2017年5月31日放送の「ナカイの窓」は、「NON STYLE井上好き嫌い芸...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください