芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。なお、本ページはプロモーションが含まれています。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 罠師・片桐邦雄のプロフィール!ジビエ料理『寿司割烹 竹染』

罠師・片桐邦雄のプロフィール!ジビエ料理『寿司割烹 竹染』


牡丹鍋

2022年3月8日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、罠師であり料理人でもある片桐邦雄(かたぎりくにお)さんです。

みなさんは「ジビエ」という言葉を聞いたことがありますか?

最近、テレビでも取り扱われるので、知っている人は多いことでしょう。

ジビエとは、イノシシやシカ、カモ、野ウサギなどの野生動物を狩猟して捌いた食肉のことで、家畜にはない美味しさを味わえることで注目を集めています。

片桐邦雄さんも猟師のひとりですが、罠猟にこだわり、今までに多くの番組で紹介されてきました。

「日本一の罠師」と言って過言ではない片桐邦雄さんの素顔と、経営する飲食店に迫ります。

片桐邦雄ってどんな人?

片桐邦雄さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 片桐邦雄(かたぎりくにお)

【生年月日】 1951年7月27日

【出身地】 静岡県

【職業】 『寿司割烹 竹染』の経営者兼料理人、罠師(猟師)

片桐邦雄さんは、猟師歴49年(2022年3月時点)の罠師であり、『寿司割烹 竹染』の経営者兼料理人です。

静岡県浜松市天竜区に住んでおり、春は天竜川に船を出して川魚を捕まえ、秋と冬はシカやイノシシを狩猟し、自ら捌いて経営するお店で提供しています。

片桐邦雄さんは猟銃を使わず、罠猟一本で野生動物と勝負しており、「ウツ」と呼ぶ獣道に自作のワナを仕掛けて生け捕りにすることが信条です。

最後まで抵抗するイノシシやシカは危ないですが、自分の信条を変える気はありません。

また、「自然に溶け込むために酒やタバコ、石鹸など匂いがあるものは使わない」「シーズン中は服を洗わずに着続ける」「餌を食べたら家畜になるので餌を使わない」といったストイックなルールも持っています。

ちなみに、片桐邦雄さんには息子がいますが、長男の直矢さんは厨房を担当しており、次男の真矢さんも猟師の道を歩み出しました。

『寿司割烹 竹染』の場所・営業時間・定休日・ジビエの通販

片桐邦雄さんが経営する『寿司割烹 竹染』の詳細情報は、次のとおりです。

店名寿司割烹 竹染(ちくせん)
住所静岡県浜松市天竜区二俣町二俣2177
電話053-926-2572
営業時間【昼】 11:00~13:00
【夜】 17:00~21:00
定休日月曜日

『寿司割烹 竹染』では、片桐邦雄さんが狩猟したジビエ料理を食べられます。

気になるお値段は、『天然物おまかせコース』は1人前 7,000円~、宴会料理は1人前 4,000円~です。

猪肉、鹿肉、鴨肉、鮎の通販をしているので、気になる人は『寿司割烹 竹染』のウェブサイトを訪れてみてください。


関連記事

2022年5月9日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、...


2018年3月21日放送の『ナカイの窓』は、『趣味にハマりすぎ芸能人SP 第6...


2020年7月25日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト・...


2021年11月29日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト...


2022年8月8日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください