芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。なお、本ページはプロモーションが含まれています。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 校正者・大西寿男のプロフィール、大学、会社、本

校正者・大西寿男のプロフィール、大学、会社、本


原稿用紙

2023年1月13日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、校正者の大西寿男(おおにしとしお)さんです。

校正者とは、本や雑誌を作る際に誤植や言葉の使い方が間違っていないかなどをチェックする職業に就く人のことを指し、膨大な数の言葉をチェックしなければならないので集中力と知識を要します。

間違って出版した本は回収できないため、最後の砦として校正者は欠かすことができません。

この校正者の多くがフリーで活動しているのですが、その中でも特に多くの作家から信頼されているのが大西寿男さんなのです。

そんな大西寿男さんの素顔に迫ります。

大西寿男ってどんな人?

大西寿男さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 大西寿男(おおにしとしお)

【生年月日】 1962年

【出身地】 兵庫県神戸市

【高校】 兵庫県立長田高等学校卒業

【最終学歴】 岡山大学文学部考古学卒業

【職業】 校正者、一人出版社『ぼっと舎』の代表

兵庫県神戸市で生まれ育った大西寿男さんは読書が好きで、地元の長田高校に進学すると、小説を書いたり、同人誌を作ったりするようになりました。

高校卒業後は岡山大学に進学して考古学を学んだものの、本の編集者になりたくて東京の出版社の入社試験を多数受けます。

しかし、残念ながら全て不採用。

幸い、小さな出版社に採用されて半年間に渡り編集と校正を学び、その後、本屋でアルバイトしていた時に、知り合いの編集者の紹介で河出書房新社の『文藝』の校正に携わることができ、これが大西寿男さんの人生を大きく動かしたのです。

『文藝』の編集長に、「編集者よりも校正者に向いているから転向した方がいい!」とアドバイスされた大西寿男さんは、校正者になる気は全くありませんでしたが、編集者として仕事がないので仕方なく校正者に転向すると、その才能を開花させました。

1988年から25年以上にわたり、河出書房新社、集英社、岩波書店などの一流出版社で外部校正者として活躍し、「ひとりでやりたい!」との思いから一人出版社『ぼっと舎』を設立して、現在も一流校正者として活躍しています。

校正者・大西寿男の本

校正者である大西寿男さんが出版した本を紹介します。

校正のこころ 増補改訂第二版 積極的受け身のすすめ

校正のレッスン改訂3版 活字との対話のために

文章を書くことを仕事や趣味にしている方にお勧めです。


関連記事

大阪市天王寺区にある『ジオラマ食堂 てつどうかん』は、コロナ禍による経営難を保...


2021年11月13日放送の日本テレビ系列『満天 青空レストラン』の食材は、千...


2021年8月30日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト・...


2017年9月20日放送のTBS系列『アイアム冒険少年』は、『脱出島ロワイヤル...


2023年1月24日のTBS『マツコの知らない世界』のゲストである北島裕也(え...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください