芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » 未分類 » モダンガール 淺井カヨの結婚・旦那・プロフィール!小平新文化住宅どこ?

モダンガール 淺井カヨの結婚・旦那・プロフィール!小平新文化住宅どこ?


平成生まれの一部の人が昭和時代に憧れるように、昭和生まれの一部の人が大正時代に憧れることは珍しいことではありません。

しかし、そのほとんどが趣味として前の時代が好きなだけで、その時代のことを調べたり、その時代の物を少し蒐集するだけでしょう。

そんな中、淺井カヨさんは大正末期から昭和初期の文化に憧れて、髪型も服装も家具も家も大正時代そのものの暮らしをしています。

私が知る限り、淺井カヨさんさんが最初にテレビに出演したのは、2012年12月26日放送のテレビ朝日系列『銭形金太郎 ~2時間半スペシャル~』で、ある程度の収入はあるものの大正・昭和初期の骨董品を買い過ぎて貧乏になったと紹介されていました。

築80年以上のアパートにある6畳の部屋には、氷で冷やす冷蔵庫や黒電話、蓄音機、手動マッサージ器など、大正末期から昭和初期の物がたくさんあったのを今でもよく覚えています。

その後も、フジテレビ系列『アウトデラックス』に「生まれてきた時代を間違えてしまった女」として出演するなど、表舞台へ出続け、今ではモダンガールの代表的な存在として活躍中です。

唯一無二の存在であるモダンガール・淺井カヨさんの素顔に迫ります。



淺井カヨってどんな人?

淺井カヨさんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 淺井カヨ(あさいかよ)

【生年月日】 1976年1月16日

【出身地】 愛知県名古屋市

【血液型】 O型

【身長】 152cm

【趣味】 旅行

【特技】 大正末期から昭和初期までの知識

【高校】 東邦高等学校普通科美術・デザインコース卒業

【最終学歴】 愛知県立芸術大学美術学部デザイン・工芸科デザイン専攻卒業

【職業】 『日本モダンガール協會』の代表、作家

愛知県名古屋市で生まれ育った淺井カヨさんは、幼い頃、隣家に住む祖父母が昭和初期のような生活をしていたことで、その暮らしを普通に受け入れていました。

そして、小学生の時に愛知県犬山市にある明治村を訪れた際に、昔の時代を垣間見て衝撃を受けたのです。

その後、様々な時代に興味を持った淺井カヨさんでしたが、大正末期から昭和初期に落ち着くと、蒐集した骨董品を使用してモダンガールとして生活を送るようになります。

さらに、『日本モダンガール協會』を設立し、会長の職に就きました。

現在、淺井カヨさんは、大正末期から昭和初期に関する講演や作家を生業としています。



淺井カヨの結婚・旦那

淺井カヨさんは、2016年2月に音楽史研究家の郡修彦(こおりはるひこ)さんと結婚しました。

旦那の郡修彦さんは、淺井カヨさんの14歳年上です。

ちなみに、淺井カヨさんに子供はいません。

『小平新文化住宅』の場所・住所はどこ?

郡修彦さんと結婚した淺井カヨさんは、大正時代に流行った和洋折衷の建物を再現した『小平新文化住宅』を新居として建築し、2016年秋に完成しました。

名称小平新文化住宅(こだいらしんぶんかじゅうたく)
住所東京都小平市学園西町3丁目16-3

小平新文化住宅は、緑色の屋根が目を引くモダンな建物で、外見だけでなく内装・家具も大正時代にタイムスリップしたような造りになっています。

見学会を随時開催しているので、ご希望の方は、淺井カヨさんの公式ブログに書かれてあるメールアドレスやツイッターで連絡を取ってください。


関連記事

ブリトニートーキョーさんは、ロスとニューヨークで大人気のネイルアーティストです...


こんまり(近藤麻理恵)さんは、片づけコンサルタントとして活躍しており、著書はミ...


植田睦之さんは、ツミの生態研究をきっかけに鳥に興味を持ち、『日本野鳥の会』を経...


堀江裕介さんは、ソフトバンク社長・孫正義さんを味方に付けたことで、国内外で大注...


今明秀さんは、ER救命医として、一人でも多くの人の命を救うために、八戸市立市民...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください