芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » ドラマ » ドラマ・小説『破天荒フェニックス』のモデルは?田中修治とメガネ会社

ドラマ・小説『破天荒フェニックス』のモデルは?田中修治とメガネ会社


2020年1月3日から5日まで3夜連続で、テレビ朝日系列においてドラマ『破天荒フェニックス』が放送されました。

このドラマは、実話をもとにした小説が原作となっており、小説の時点で話題となった人気作です。

『破天荒フェニックス』のモデルとなった会社や人物に迫ります。



『破天荒フェニックス』のあらすじ

ネタバレしない程度に、大まかな内容を説明いたします。

実業家として成功している主人公が、さらなる高みを目指して、借金14億円を抱えるメガネチェーンの会社を買収しました。

しかし、社員には反抗的態度で退陣要求をされ、仲間には裏切られ、当然のように何度も資金難に陥るピンチを迎えます。

それでも、社長は諦めませんでした。

店舗増加・全品半額セール・海外進出など攻撃的な営業をした結果、見事に黒字となり、日本を代表するメガネチェーン店になったのです。

ドラマ『破天荒フェニックス』の出演者

ドラマ『破天荒フェニックス』の主要キャストは、次のとおりです。

  • 田村雄司(勝地涼:メガネチェーン『サンデーズ』の新社長)
  • 奥田吉弘(伊藤淳史:『サンデーズ』の経理担当社員。元大手銀行員で、強引に田村に入社させられた)
  • 神戸麻美(瀧本美織:『サンデーズ』の社員。田村に才能を認められ、奥田の下で財務と銀行交渉を担当)
  • 松尾秀和(稲葉友:『サンデーズ』の社員。田村の運転手兼新店舗のデザイン担当)
  • 橋本悟(丸山智己:『サンデーズ』の社員。田村に直談判し、商品部長を任せられる)
  • 奥田静江(貫地谷しほり:奥田の妻)
  • 御子柴徹(川平慈英:田村のライバル。メガネ最大手チェーンの営業本部長)
その他の出演者
升毅、奥田洋平、宮崎吐夢、相築あきこ、名高達男


小説『破天荒フェニックス』の本

小説『破天荒フェニックス』は、「Amazon企業部門・日本文学部門第1位」の話題作です。

堀江貴文さん、西野亮廣さん、弘兼憲史さん、村上龍さんなど、多くの著名人に絶賛されています。

『破天荒フェニックス』のモデルとなった人物・会社

『破天荒フェニックス』は、著者である田中修治(たなかしゅうじ)さんが経験した実話を小説にした作品であり、モデルとなった会社は『OWNDAYS(オンデーズ)』と言います。

田中修治さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 田中修治(たなかしゅうじ)

【生年月日】 1977年11月6日

【出身地】 埼玉県

【血液型】 O型

【高校】 ※非公表

【最終学歴】 ※非公表

【事務所】 『OWNDAYS株式会社(オンデーズ)』の代表取締役

田中修治さんのサクセスストーリーは、次のとおりです。

  1. 10代の頃から実業家として活躍し、飲食業やWebデザイン業など10種類近くのビジネスを展開する
  2. 会社の売り上げが4億円に達する
  3. 2008年、30歳の時に、みんなが反対する中、売り上げが20億円しかないのに14億円の借金を抱えるメガネチェーン会社『オンデーズ』を3000万円で買収する
  4. 退陣要求・仲間の裏切り・資金難の連続でピンチを迎える
  5. 店舗増加・全品半額セール・海外進出など、攻撃的な営業を続ける
  6. 被災地でのボランティア経験を経て、安さやデザインではなく、大切なのはメガネをかけて見える世界であることを実感する
  7. 売り上げが急激にアップし、7年で14億円の借入金を返済する
  8. 当初50店舗だったが、2018年10月時点で11ヶ国260店舗に達する

この流れを読んだだけでも、田中修治さんの凄さが分るでしょう。


関連記事

2017年1月6日の日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」は、「ドラマ・天才バ...


2019年2月3日放送の米倉涼子さん主演ドラマ『疑惑』のあらすじや出演者に迫り...


2016年10月スタートのテレビ朝日系列「家政夫のミタゾノ」が面白い。主演であ...


「日曜劇場 IQ246~華麗なる事件簿~」の第2話平均視聴率は12.4%でした...


2018年上半期放送のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で、豊川悦司さん演じ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください