芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 2018 ロシアワールドカップ!日本戦テレビ放送時間と予想・結果

2018 ロシアワールドカップ!日本戦テレビ放送時間と予想・結果


サッカーボール テルスター

4年に一度のサッカーの祭典『2018 ロシアワールドカップ』が、日本時間6月15日24時キックオフの『ロシア vs サウジアラビア』を開幕戦としてスタートしました。

優勝を目指し、激しくぶつかり合う戦いから目が離せません。

日本は、コロンビア、セネガル、ポーランドと同じグループHに入り、グループステージの試合日程とテレビ放送局・放送時間は、次のとおりです。

一緒に、テレビの前で応援しましょう。

グループステージH

キックオフ日時 対戦カード・放送局
2018年6月19日 21:00 コロンビア VS 日本 (NHK)
2018年6月24日 24:00 日本 VS セネガル (日本テレビ、NHK-BS)
2018年6月28日 23:00 日本 VS ポーランド (フジテレビ)

決勝トーナメント

キックオフ日時 対戦カード・放送局
2018年7月3日 3:00 コロンビア VS 日本 (NHK)

ロシアは広いので場所にもよりますが、日本(東京)とロシア(モスクワ)の時差は約6時間あり、グループステージの日本戦の開始時間もかなり遅くなっています。



サッカー日本代表のワールドカップ結果予想

サッカー日本代表の『2018 ロシアワールドカップ』の結果予想は、3連敗です。

良くて、1分け2敗か、2分け1敗でしょう。

少なくとも、現実的な人は、グループステージ敗退を予想しているはずです。

日本サッカー協会は、ハリルホジッチ監督を解任し、西野朗さんを新たな監督として迎えましたが、ワールドカップ直前で監督を交代して成功したのは、1994年のサウジアラビアのベスト16のみで、後の10チーム以上がグループステージ敗退に終わっています。

しかも、監督交代前から調子が悪かったサッカー日本代表ですが、西野監督になった後も悪過ぎ、ワールドカップ壮行試合であるガーナ戦は0対2で敗北、スイスとの国際親善試合も0対2で完敗と、良いところがありません。

直前最後のパラグアイ戦で、やっと4対2で勝ちましたが、相手はワールドカップに出場しないモチベーションが低い状態なので、それほど評価できないでしょう。

そして、対戦相手を見ても、格上ばかりです。

コロンビア FIFAランキング16位
コロンビアとは、前回のブラジルワールドカップでも対戦しており、1対4で完敗しています。新星は出てきていないものの、高い守備力と前回大会でブレイクしたハメス・ロドリゲス選手を中心とした攻撃力が魅力です。

セネガル FIFAランキング27位
セネガルは、長身選手が多く、身体能力も高いです。メンバーは、ヨーロッパで活躍している選手を中心に構成されており、特に注目なのが、イングランドのリバプールに所属するサディオ・マネ選手で、圧巻のスピードです。

ポーランド FIFAランキング8位
ポーランドは、グループHで最強です。ドイツの名門クラブであるボルシア・ドルトムント、バイエルン・ミュンヘンのエースストライカーを務め、4度のリーグ優勝、2度の得点王に輝いたロベルト・レヴァンドフスキがいます。

一方、日本のFIFAラインキングは61位です。

FIFAラインキングはあくまでも目安ですが、流石にこれだけの差があると、実力も圧倒的大差があります。

したがって、まぐれや運を願うしかなく、西野監督がアトランタオリンピックでブラジルオリンピック代表に勝った『マイアミの奇跡』の再現を願うしかありません。

予想を裏切り、ベスト16以上を願うばかりです。



コロンビア VS 日本の試合結果

結果:2対1で日本の勝ち。

試合開始早々、大迫選手が相手DFに競り勝ちシュートしたボールは、ゴールキーパーに防がれましたが、こぼれ球を香川選手がシュート。

そのボールをMFカルロス・サンチェスがハンドで止めて一発退場となり、6分、香川選手がPKを落ち着いて決め先制しました。

これで人数は11対10となり、数的優位になったものの、追加点を挙げられないでいると、長友選手のクリアミスから長谷部選手のファウルを取られ、39分、キンテーロ選手に直接フリーキックを叩きこまれます。

いつもならこのままズルズル負けモードに入っていましたが、今回は違い、後半になると一方的に攻め続け、73分、本田選手のコーナーキックを大迫勇也がヘディングで決め、勝ち越しに成功しました。

最後に攻められる場面もありましたが、このまま2対1で終了です。

「大迫半端ないって」の活躍である。

これで、あと2試合が楽しみになり、グループステージ突破の確率がぐっと上がりました。

全敗の予想が外れて、なりよりです。

日本 VS セネガルの試合結果

結果:2対2で引き分け。

11分、GK川島永嗣選手のパンチングしたボールが目の前のマネ選手に当たり、あっさり先制点を献上した日本。

その後も、身体能力に勝るセネガルペースで試合は進みましたが、34分、乾選手のゴールで追いつきました。

そして、日本ペースで試合は進み、大迫選手や乾選手が惜しい場面で決められないでいると、71分、ワゲ選手に決められて、再び引き離されます。

ここで、西野監督が動き、香川選手に代えて本田選手を入れると、入って早々の78分、本田選手が同点弾を叩き込み、追いつきました。

結局、2対2の同点で試合終了です。

西野監督の采配の素晴らしさが目立つ大会ですが、ミスを連発しているGK川島永嗣選手を使い続ける理由が分かりません。

今回もミスで点を献上し、「W杯最低GK」と言われていますが、まさにその通りであり、正直、日本サポーターのほとんどが代えて欲しいと思っていることでしょう。

日本 VS ポーランドの試合結果

結果:0対1で負け。

1、2試合目のスタメンから6人を入れ替えてスタートしたポーランド戦は、開始早々、日本のチャンスとなりましたが、FW武藤嘉紀選手が空回りして活かせず。

その後も、チャンスを逃し続けると、ポーランドに何度か際どいシュートを打たれることに。

ここで、前2試合でミスにより失点を献上したGK川島永嗣選手が大活躍し、ファインセーブで難を逃れました。

しかし、59分、セットプレーを右足ボレーで叩き込まれ、失点を喫します。

このまま負けるとグループステージ敗退となる中、必死で点を取りに行く日本でしたが、逆にカウンターを喰らって危ないシーンを作りました。

そんな中、他会場の『セネガル 対 コロンビア』で、コロンビアが先制したため、西野監督は、決勝トーナメント進出を優先させ、失点をしないサッカーに切り替えました。

結局、「負けてもこのままでいい日本」と「1勝したいポーランド」の利害関係が成立し、ブーイングの中、後半15分間に渡り、ボールを回し続けて終了しています。

そして、「勝ち点・得失点差・総得点・直接対決」において、日本とセネガルは並びましたが、「フェアプレーポイント」の警告2枚差で、日本が決勝トーナメント進出を決めました。

後味が悪く、賛否両論が巻き起こっていますが、決勝トーナメントに行くことが目先の目標なので、当然の戦術です。

次戦のベルギー戦でこのモヤモヤを晴らす活躍をしてくれることを期待しています。

ベルギー VS 日本の試合結果

結果:2対3で負け。

両チーム、ベストメンバーでスタート。

試合開始直後は日本が攻めましたが、その後はベルギーの攻撃力に押され続けます。

しかし、48分に原口元気選手、52分に乾貴士選手が立て続けにゴールし、2対0と先行しました。

その後も攻めてチャンスを作っていたので、このまま行けるかと思いましたが、ベルギーの選手交代が流れを変え、69分にアンラッキーなヘディングシュートで失点を許すと、74分にも途中出場のフェライニ選手にヘディングシートを決められ同点に。

このまま延長かと思われましたが、後半アディショナルタイム4分にカウンターから失点して万事休すです。

それでも、面白くて良い試合を見せてもらいました。

次の日本代表に期待したいです。


関連記事

2018 FIFA World Cup Russia アジア最終予選、日本の初...


ロシアW杯アジア最終予選、アウエーのオーストラリア戦は1対1で引き分け。前半早...


2016年9月1日から2018 FIFA World Cup Russiaのア...


浦和レッズ、名古屋グランパスでプレイし、帰化して日本代表としても活躍した田中マ...


岡部将和さんは、元フットサル選手であり、現在は、ドリブルデザイナーとしてサッカ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください