芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 静岡県島田市の『ハナビラタケ』通販情報!満天 青空レストラン

静岡県島田市の『ハナビラタケ』通販情報!満天 青空レストラン


ハナビラタケ

2022年3月19日放送の日本テレビ系列『満天 青空レストラン』の食材は、静岡県島田市のハナビラタケです。

MCの宮川大輔さんとゲストである谷まりあさんが、人工栽培されたハナビラタケを収穫し、天ぷらや炒め料理などの美味しい料理に舌鼓を打ちました。

静岡県島田市の『ハナビラタケ』に迫ります。

静岡県島田市の『ハナビラタケ』情報

自動車産業は日本経済を支える基幹産業で、トヨタ、日産、ホンダなど、日本を代表する大企業の他、多くの中小企業も携わっています。

静岡県島田市にある『株式会社 大井川電機製作所』もその中のひとつで、50年以上に渡り自動車用ライトを生産・販売して年間約20億円の売り上げを達成してきました。

しかし、LEDライトの普及により、今後の事業の先細りが予想される状況に。

そこで、目を付けたのが、社員が提案したハナビラタケの人工栽培でした。

ハナビラタケとは関東以北北海道までの標高1000メートル以上の高山に自生するキノコですが、自然界で採取することは極めて難しく、「幻のきのこ」と呼ばれています。

見た目は美しい白色をしており、コリコリした食感と独特の香り、免疫強化に効果があるベータグルカンという栄養素が豊富です。

大井川電機の中河満社長は、「電球製造で培ってきた品質管理と生産体制を活かせばハナビラタケを量産できる」と感じ、ハナビラタケの人工栽培に着手して3年で量産化に成功しました。

最初は流通に苦労しましたが、今では老舗すき焼き・しゃぶしゃぶ専門店『浅草今半』や高級ホテル『椿山荘』にもその品質を認められ、売上は2020年に2000万円を達成。

2022年は売上1億円、2025年までに売上10億円を目指しています。

静岡県島田市の『ハナビラタケ』通販

静岡県島田市の『ハナビラタケ』は、楽天市場で販売されています。

また、大井川電機製作所のサイトにあるオンラインショップからも購入可能です。

大井川電機製作所は、自社で人工栽培したハナビラタケに「ホホホタケ」というブランド名を付けています。

ホホホタケの値段は、『80g× 4パック 2,600円』『80g×8パック 4,000円』『80g×20パック 8,700円』です。


関連記事

2019年8月31日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト・...


2019年5月7日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・深堀勝謙さんは、3...


2021年6月15日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、国内外で...


2018年7月24日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト豊嶋利雄さんは、し...


2018年4月9日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください