芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。なお、本ページはプロモーションが含まれています。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 関雅行!『燃えろ!!プロ野球』でバントホームランのバグを生み出す

関雅行!『燃えろ!!プロ野球』でバントホームランのバグを生み出す


『燃えろ!!プロ野球』のバントホームラン

2023年10月16日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、超画期的なファミコン用野球ゲーム『燃えろ!!プロ野球(燃えプロ)』でバントホームランという伝説的なバグを生み出した関雅行(セキマサユキ)さんです。

家庭用ゲーム機やオンラインゲームなど、現在のゲームはかなりのクオリティーになっていますが、その礎のひとつが1983年7月15日に発売されたファミコン(ファミリーコンピュータ)であることは間違いありません。

昭和時代の子供たちの多くがファミコンで遊び、世界にも広がる人気となり、『スーパーマリオブラザーズ』や『ドラクエ(ドラゴンクエスト)』、『FF(ファイナルファンタジー)』など、今でもシリーズが続く人気ゲームがたくさん誕生しました。

それら人気ゲームの中のひとつである『燃えろ!!プロ野球』を開発指揮したのが関雅行さんであり、関雅行さんの一言によりバントホームランというとんでもないバグが生まれたのです。

関雅行さんの素顔と『燃えろ!!プロ野球』でバントホームランのバグが誕生した経緯に迫ります。

関雅行ってどんな人?

関雅行さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 関雅行(せきまさゆき)

【生年月日】 1948年

【出身地】 東京都

【趣味・特技】 ゲーム開発

【高校】 ※非公表

【職業】 ゲーム開発者

関雅行さんは、ゲーム会社『ジャレコ』に入社してゲーム開発者として活躍し、『燃えろ!!プロ野球』をプロデュースしました。

その直後に独立し、1988年にゲーム会社『ヘクト』を設立、2002年に倒産します。

今までに携わったゲームは、ファミコン、スーパーファミコン、ゲームボーイ、プレイステーションで60タイトル以上とのこと。

現在(2023年8月時点)で74歳ですが、ゲーム開発者として活躍中です。

『燃えろ!!プロ野球』でバントホームランのバグが誕生した経緯

1980年代後半、ゲーム会社『ジャレコ』でプロダクトマネジャーを務めていた関雅行さんは、野球好きということもあり、ファミコン用野球ゲームの開発を指揮していました。

しかし、ナムコが『プロ野球ファミリースタジアム』を先に販売し、そのあまりの凄さに自社の野球ゲーム開発をストップさせます。

それでも野球ゲームを開発したいという気持ちは変わりませんでしたが、流石に同じ路線では勝てないと判断し、今までなかった野球中継を観ているようなピッチャー後方からの視点でゲーム開発して1987年6月26日に『燃えろ!!プロ野球』を発売しました。

すると、そのリアルさがウケて158万本販売というとんでもない大ヒット野球ゲームになったのです。

そんな『燃えろ!!プロ野球』ですが、「許可を得ずに選手名を実名使用している」「生産が追い付かず、『妖怪倶楽部』のカセットを流用したため、赤色と黒色の2色のカセットが存在する」「リアルさにこだわり過ぎて時間がかかり過ぎる」など、問題がいっぱい。

その中でも大問題なのがバントホームランで、特定選手を使用してバントすると、振らずに出しているだけのバットに当たっただけでホームランになってしまいます。

特に凄いのは、ホーナー選手です。

ホーナー選手は、大リーグで活躍して1987年に来日したヤクルトスワローズの助っ人外国人のボブ・ホーナーがモデルで、ヤクルトの大ファンである関雅行さんが部下にミート指数とパワー指数を上げるように指示したことでバントホームランのバグが生まれ、クソゲーと呼ばれるようになってしまいました。


関連記事

2016年11月28日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 」は、タレン...


銘苅春政(めかるはるまさ)さんは、世界一の三線職人であり、数々の賞を受賞してい...


2021年3月16日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、鰹節職人...


2020年2月4日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・前田貴子さんは、コ...


2022年1月4日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、女性誌No...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください