芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 元専業主婦・薄井シンシアのプロフィール!職業、職歴、本

元専業主婦・薄井シンシアのプロフィール!職業、職歴、本


2021年3月29日放送のNHK総合1『逆転人生』のゲストは、再就職に成功した元専業主婦である薄井シンシア(うすいしんしあ)さんです。

薄井シンシアさんは、「人生100年、70歳まではワークの時代」と考えており、17年間の専業主婦生活を経ながらも再就職することに成功し、しかも、60代の現在はキャリアウーマンとして活躍しています。

専業主婦の期間は評価されないことが一般的な就職において、「専業主婦は立派なキャリア」と自信を持ち、見事に再就職を実現させました。

その生き方は、多くの女性から支持されて、憧れられています。

専業主婦からキャリアウーマンに転身した薄井シンシアさんの素顔に迫りました。



薄井シンシアってどんな人?

薄井シンシアさんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 薄井シンシア(うすいしんしあ)

【生年月日】 1959年

【出身地】 フィリピン

【高校】 ※非公表

【最終学歴】 東京外国語大学卒業

【職業】 大手飲料メーカーの管理職、東京2020オリンピックトップパートナーのホスピタリティ担当

フィリピンの華僑の家に生まれ薄井シンシアさんは、子供の頃から厳しく育てられ、20歳の時に国費留学生として来日しました。

東京外国語大学卒業後は日本の貿易会社に就職し、「キャリアウーマンとしてバリバリ働いて出世するぞ!」と思っていましたが、27歳の時に外務省勤務の夫と結婚し、30歳の時に子供が生まれたことで心変わりします。

仕事よりも娘の育児を選択し、仕事を辞めて専業主婦になると、夫の仕事の関係で海外生活を続けながら子育てに専念しました。

しかし、ハーバード大学に入学した娘から、「私は専業主婦にはなれないから、お母さんのような『お母さん』になれるとは思えない」と言われて、「自分がこのまま専業主婦を続けたら、娘が母親という将来像を描けない。仕事に戻ろう!」と決意したのです。

17年間の専業主婦生活を経て、47歳の時に当時住んでいたタイで、娘が通っていた学校の給食のおばちゃんに再就職を果たしました。

その後、次のように華麗なる転身を遂げていきます。

薄井シンシアの職歴

  1. 大学卒業後、貿易会社に2年間勤務し、育児を理由に退職する
  2. 47歳の時に、タイで給食のおばちゃんになる
  3. タイでカフェテリアマネージャーに昇進する
  4. 日本に帰国し、会員制クラブの電話受付のアルバイト(時給1,300円)をする
  5. 『ANAインターコンチネンタルホテル東京』に就職。3年で営業開発担当副支配人になる
  6. 『ラグジュアリーホテルシャングリ・ラホテル東京』に勤務する
  7. 大手飲料メーカーの管理職として活躍中(2021年3月時点)

薄井シンシアさんは、就職時において、専業主婦の期間を評価されないことに不満を抱きましたが、見事に転職に成功し、「専業主婦はブランクでもハンデでもない」ことを証明しました。

ちなみに、薄井シンシアさんは、私生活では熟年離婚しています。



薄井シンシアの本

薄井シンシアさんは、次の本を出版しています。


専業主婦が就職する・・・

ハーバード、イェール・・・

女性にお薦めです。


関連記事

2017年3月29日放送の「ナカイの窓」は、「セ・リーグを語ろうSP」です。3...


2019年11月9日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト・...


2020年9月5日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト・安...


2017年6月15日の『アメトーーク!』は、『思い出のファミコン芸人』です。フ...


2016年12月4日放送の日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」は、「カレ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください