芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 中西一登 桜で転職5回!プロフィールとオススメ桜スポットは?

中西一登 桜で転職5回!プロフィールとオススメ桜スポットは?


桜

2018年3月20日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、『桜の世界』です。

春の風物詩でもある桜は、日本人が好きな花で堂々の1位であり、多くの人が好意を持っています。

薄いピンク色の花が綺麗に咲き誇り、その花びらがひらひらと落ちてゆく姿もまた素晴らしく、加えて、1年で2週間くらいしか花が咲かないという儚さも、桜の魅力です。

ゲストの中西一登さんは、桜の花を見ることが大好きで、全国を回っている根っからの桜ウォッチャーであり、そのために5回も転職しています。

日本全国の桜を知り尽くしている中西一登さんが、オススメの桜スポットを紹介しました。

マツコ・デラックスさんは、その桜の映像を楽しみ、さらに、おすすめの桜グルメも堪能しています。



中西一登ってどんな人?

中西一登さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 中西一登(なかにしかずと)

【年齢】 53歳(2018年3月時点)

【出身地】 愛媛県西条市

【居住地】 東京都港区

【趣味】 桜の観賞

【資格】 気象予報士、宅地建物取引士

【高校】 茨城県立水戸第一高等学校卒業

【最終学歴】 横浜国立大学電子情報工学科卒業

【会社】 田町不動産

中西一登さんは、最初は普通に桜を楽しんでいましたが、「桜前線を追いかけながら旅をしたら楽しいだろうなぁ」と思い、30歳の時に仕事を辞め、九州から北海道まで桜前線を追いかけました。

これですっかり桜に魅了され、それ以降も桜を見るために転職し、現在ではその数5回にも及びます。

20年以上桜を見続け、今までに約1400ヶ所の桜の名所を回りました。

アメリカとネパールにも、花見に行っています。

気象予報士の資格も、桜を見るために得た賜物でしょう。

一般的に、桜の季節は春と思われていますが、中西一登さんによると、毎月どこかで桜の花が咲いているそうで、中西さんはここ1年、毎週桜を見ました。

そんな中西一登さんですが、現在は東京都港区の『田町不動産』で働きながら桜を見に行くサクラリーマンをしています。

賃貸物件の紹介と同時に、桜の観光スポットも紹介可能だそうです。



中西一登オススメの桜スポット

約1400ヶ所の桜を見てきた中西一登さんがおすすめする桜の観光スポットは、次のとおりです。

吉野山の桜(奈良県吉野郡)

三春滝桜(福島県田村郡三春町)
樹齢は推定1000年以上で、1922年に国の天然記念物にも指定されているベニシダレザクラです。

神代桜(山梨県北杜市武川町山高 実相寺)
樹齢2000年以上とも言われ、国の天然記念物にも指定されているエドヒガンザクラの老木です。

三大巨桜のひとつであり、境内には、他の2本である三春滝桜(福島県三春町)と淡墨桜(岐阜県本巣市)の苗木も植えられています。


関連記事

2017年8月29日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト石井泰二さんは、今...


2017年1月31日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト今井安紀さんは、ア...


2017年5月5日放送、テレビ朝日「関ジャニ8のTheモーツァルト音楽王No....


2016年10月10日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 」は、お笑い...


2016年12月7日、14日の「ヒルナンデス!」は、2週に渡り「最新技あり家電...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください