芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 有澤悠河 天才折り紙作家のプロフィールと作品

有澤悠河 天才折り紙作家のプロフィールと作品


ドラゴンの折り紙

2018年11月20日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、「折り紙の世界」です。

折り紙と言えば、「鶴」や「やっこさん」「兜」「紙飛行機」などを思い浮かべると思います。

誰もが一度は折ったことがあると思いますが、最後に折り紙を折ったのは子供の頃で、大人になってからは折っていないという人がほとんどでしょう。

しかし、現在、折り紙が子供の教育やお年寄りの脳トレに良いということで、世界では「ORIGAMI」として普及し、折り紙団体が設立されるほど注目されているそうです。

そして、ゲストの有澤悠河さんは、折り紙好きが高じて、折り紙を職業にしました。

有澤悠河さんが作る秀逸な折り紙に、マツコ・デラックスさんも感嘆しています。



有澤悠河ってどんな人?

有澤悠河さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 有澤悠河(ありさわゆうが)

【生年月日】 1997年

【出身地】 北海道札幌市

【居住地】 岐阜県

【趣味・特技】 折り紙

【高校】 札幌稲雲高等学校卒業

【職業】 折り紙作家、手漉き和紙職人

【会社】 美濃手漉き和紙工房 Corsoyard(コルソヤード)

折り紙と和紙が大好きな有澤悠河さんは、高校卒業後、大学進学ではなく、紙と関われる仕事に就くことを選びました。

そして、全国の手漉き和紙工房を訪ね回った結果、代表・澤木健司さんの理念に共感し、『美濃手漉き和紙工房 Corsoyard(コルソヤード)』に入社します。

現在は、この会社で手漉き和紙職人として活動するほか、折り紙作家としても活躍中です。



有澤悠河の折り紙作品紹介

有澤悠河さんは、中学生の時からオリジナルの折り紙を作っており、『折紙探偵団コンベンション折り図集』には何度も掲載されています。

有澤悠河さんの折り紙作品をいくつか紹介するので、ぜひ、ご覧ください。

さるぼぼ

アキアカネ

ハリネズミ

1枚の紙で出来ているとは思えないですね。

これを創造できるということは、相当頭が良いに違いありません。

【同日放送】 サーモン中尾 プロフィール!全日本サーモン協会とは?


関連記事

2018年6月16日放送のTBS系列『ジョブチューン』は、『100年以上続く老...


2018年3月19日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは...


2017年6月6日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト森川勇一郎さんは、自...


日曜日のテレビ視聴率を独占している日本テレビの牙城を崩すため、テレビ朝日は「ア...


山上浩さんは、日本一の患者受け入れ数を誇る病院の救急救命センター長です。「運ば...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください